*

イルジョット×ワイン9コラボディナー

公開日: : 2018/02/15 イベント

イベントはいつも急に決まることが多く、いつだったか名古屋ワイン9の吉田さんと食事していた時に、肉の勉強会やりましょうという話になり、じゃーせっかくなのでイベントもやりましょうよとなり、先生役にイルジョット高橋シェフを巻き込んだのでした。参加者25名中、名古屋在住者は3名、あとは県外でこの日に合わせてフランスからアンさんが来日したり、JA清水の吉国さんが参加したり、なんとも賑やかで素敵な気が充満した時間でした。

アンさんとエモンの石塚さんが参加なので、バザス牛とキントア豚を用意し、吉国さんが参加なので十勝若牛をDABに仕上げてこの日のメインとしました。バザス牛は申し訳なく僕が調子に乗って使ってしまったため、急遽お願いして在庫にあったものを送ってもらったので肉が若すぎてイマイチ旨みに欠けました。一方、十勝若牛はいままで手当てしてきたなかでは最高の状態に仕上がり、特に脂質の出来栄えが、二度と同じような仕上げはできないと確信できるほどの状態に興奮したのでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

フランスフェア2016。オテイザさんのジャンボンドバイヨンヌとメゾン・アダムのマカロンはぜひとも購入していただきたい。

毎日いろんな方が訪ねてきてくれたり、僕が出向いたりと、とにかく人と会うことが年々多くなってき

記事を読む

短角牛「草太郎」を食す会は肉好きが世界中から集まった

まずはこの写真を見ていただこう。 グラスフェッドで育てた短角牛「草太郎」の持ち主という

記事を読む

肉とワインの会 in 大鵬

いつだったらLe14eでシゲさん、江上さん(エーテルヴァイン)、こうきちゃん(大鵬)、そして

記事を読む

イブ=マリ・ル=ブルドネックに聞くフランスの食肉事情

1月19日にきたやま南山にて開催されます「ジビエ会議&肉Meets」に特別ゲストとして畜産大

記事を読む

食農連携のあり方について語り合うランチ交流+農家見学 in 舞鶴

平かしわを捌くお母さんたち。 舞鶴で本格フレンチを味わいながら、食農連携のあり

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
湯河原の冨士屋旅館で鹿と猪と近江牛

ある日のこと、際コーポレーションの中島社長から電話がかかってき

肉を触り肉を捌いて

和牛は雌がよい。血統は但馬系がよい。枝肉の右側より左側がよい。

生食の提供について

タルタル、ユッケを提供している飲食店を多くみかけます。雑誌で見るこ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31