*

レカン高良シェフの肉焼きと宮川先生の料理センスに驚いた

公開日: : 2015/08/11 イベント

IMG_6414

これ何かわかります?
正解は最後で(笑)

O

6月に北海道の「おもて牧場」へ行ったとき、白黒のホルスタインが多い中、1頭だけ真っ黒な牛がいた。和牛かなと一瞬思いましたが、ホルスタイン×ブラウンスイス×和牛というミックスでした。市場で買い手がつかなかった牛だそうです。このままだと行き場を失うのではないかと表祐一郎さんが購入したということでした。

愛玩動物ではないので、肉用牛として購入したからには出荷しなければいけません。ところが、出荷を予定していた時期にジャージー牛を出荷してしまい約7ヶ月もの追加月齢をかけてしまったのです。それが後々よくない事態になることはだいたい予想ができます。案の定というか、出荷のタイミングを逃してしまった牛は脂が多くつき水分量もかなりありました。

出荷前は、ホルス、和牛、ブラウンスイスのどの血統が色濃く表れるのか不明な点もあったのですが、肉を見たとき万遍なくそれぞれの特徴がでていたように思います。

ロースが2本送られてきたので、1本をドライエージング、もう1本を吊るしで仕上げることにしたのですが、結果としてこの牛はドライエージングには向いていないと判断。20日で熟成庫から出して残り日数を吊るしで仕上げることにしたのです。とは言っても水分量が多く、味がうまくのらない難しい牛であることは、後々、この牛を生きているときから知っているレカンの高良シェフもコメントしていました。

O

O

11866375_907102446022109_805249627943512593_n

6月に北海道で生産者ツアーに参加して面々が宮川さんちに集まりました。そして、さすが高良シェフという肉焼きテクニックを披露してくれたのでした。リブロースを3分割にしてそれぞれ異なる火入れで、肉の内外の温度差は10度前後、フライパン表面の温度が110℃だったのには驚きました。技術に裏付けされた豊富な知識と経験、そしてなによりも肉を触り慣れているのが包丁さばきから見てとれました。包丁の使い方が料理人ではなく肉屋そのものでしたからね。

11855693_907102406022113_4560789083646273792_n

野菜担当はプレーゴ岡さんとラッセ村山さん

せっかく料理関係者がたくさん集まるので愛農ナチュラルポークのロースを用意したのですが、リブロースが10kg近くあり、余計だったかなとも思ったのですが、宮川さんに何か作ってよとお願いしたら、これがとんでもないものを作ってくれたのでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_6412

愛農ナチュラルポークの特徴は分厚い脂なのですが、その脂を削って和えだしたのです。

IMG_6414

IMG_6418

桃やトマトと・・・味はご想像にお任せしますが、おそらくこれが豚の脂だと気づく人はいないんじゃないかな。想像を絶するおいしさでした。宮川さん、いやぁー驚きました!

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

テーマは吉田牧場、ブラウンスイス牛に悪戦苦闘中

いよいよ今週、某所で開催されるイベント。テーマは「吉田牧場」僕が依頼されたのはメインの肉。シ

記事を読む

肉Meets in 新潟は燕市吉田のBISTRO NAOMIさんで感動の料理に大満足

  若き料理人、塚原シェフが初めて挑んだドライエージングビーフ40日熟成肉。

記事を読む

肉Meets in Le14e(ル キャトーズィエム)

Le14e(ル キャトーズィエム)は5坪13席(だったかな)の小さなお店です。ゆえにメニュー

記事を読む

ジビーフを食べる会 in Le14e

昼夜2部制で開催されたジビーフを食べる会Le14eですが、昼の部は飲食関係者が多く、さながら

記事を読む

東海大学産、阿蘇草原あか牛が驚くほどおいしくて感動したのでした

阿蘇の草原あか牛を流通させている橋村さんから連絡があったのが去年だったか、今年の初めだったか

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31