*

吉田牧場さんのブラウンスイス牛とカチョカバロ

公開日: : 2018/02/18 牧場・生産者

吉田牧場さんのブラウンスイス牛『ドン』とカチョカバロ
やっぱり吉田さんのお肉は吉田さんのチーズで合わさなきゃね(^^)

地元で気にいったものが揃えばいいのですが、なかなか難しい。例えばセジールで使っている野菜は滋賀の湖西の農家さんから分けてもらっているのですが、今年は雪が多くて良いものが育っていない。なので今は県外の農家さんから仕入れています。牛肉だってそうです。近江牛ならなんでも良いわけではなく、肉も選びますが生産者も選びます。地元愛も嫌いじゃないんですがおいしくないとね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

取引から取り組みへ、牧場研修で学ぶ

今日は定休日だったが、牧場研修のため木下牧場へお邪魔した。 私がリードしなくても、スタ

記事を読む

岡山吉備高原・吉田牧場さんのブラウンスイス牛3頭がお肉になります

【吉田牧場さんのブラウンスイス】 岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全

記事を読む

作り手と食べ手の信頼がつくるおいしい料理

なにから書いていいのかわからないほど高山シェフの料理はすばらしかった。「驚き」と「感動」そし

記事を読む

今年最後の吉田牧場さんのブラウンスイス牛入荷

正しい肉は正しい人に料理されてこそ人を感動させられる。11/20に肉になってくれたブラウンス

記事を読む

おもて牧場の十勝若牛

十勝若牛は北海道十勝清水町の6戸の農家だけで生産されています。友人の獣医師、松本大策さんが飼

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年1月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031