*

イルジョット×ワイン9コラボディナー

公開日: : 2018/02/15 イベント

イベントはいつも急に決まることが多く、いつだったか名古屋ワイン9の吉田さんと食事していた時に、肉の勉強会やりましょうという話になり、じゃーせっかくなのでイベントもやりましょうよとなり、先生役にイルジョット高橋シェフを巻き込んだのでした。参加者25名中、名古屋在住者は3名、あとは県外でこの日に合わせてフランスからアンさんが来日したり、JA清水の吉国さんが参加したり、なんとも賑やかで素敵な気が充満した時間でした。

アンさんとエモンの石塚さんが参加なので、バザス牛とキントア豚を用意し、吉国さんが参加なので十勝若牛をDABに仕上げてこの日のメインとしました。バザス牛は申し訳なく僕が調子に乗って使ってしまったため、急遽お願いして在庫にあったものを送ってもらったので肉が若すぎてイマイチ旨みに欠けました。一方、十勝若牛はいままで手当てしてきたなかでは最高の状態に仕上がり、特に脂質の出来栄えが、二度と同じような仕上げはできないと確信できるほどの状態に興奮したのでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

吉田牧場でジビーフミーツな1日に全国から巨匠たちが集まったのでした

「これとこれは獲れた場所が違いますね」と草喰なかひがしの店主、中東さんさんが2匹の鮎を指す。

記事を読む

MESEBABARDOR with SAKAEYA=誰の真似でもない今までの経験とその土地からしか生まれない一夜限りのレストラン

この男、本番が近づくにつれ言葉数が少なくなった。着替えを済ませて歯を磨き髪をセットした。そし

記事を読む

20th 肉Meetsは近江牛と梵のコラボ、そして料理はイタリアン

友人のクラビシュ佐野吾郎さんとのご縁で実現した今回の肉Meetsは、梵の蔵元、加藤さ

記事を読む

肉Meets × モルドヴァン・ヴィクトル in ファームレストラン・ヴィーズ

ジビーフ(完全放牧野生牛)を使っていただいているシェフのみなさんにどうしてもホンモノを見てほ

記事を読む

「日仏バル レベル」にて「ドメーヌ・テッタ×サカエヤ」の会

「日仏バル レベル」にて、年一開催の「ドメーヌ・テッタ×サカエヤ」の会 小さな会ですが

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31