*

【御礼】フード・アクション・ニッポンアワード2014にて審査委員特別賞を受賞させていただきました

公開日: : 2014/11/11 イベント

IMG_0115

タイトルのとおりなのですが、おそらく受賞会場(よみうりホール)のだれもが知らないであろう「ジビーフ」が審査委員特別賞を受賞しました。選出していただきました審査委員のみなさま、本当にありがとうございました。

まだまだ無名のジビーフですが、少しだけ前進したような気がします。ブームの赤身肉ではない、ましてや霜降り肉でもない、まったく別次元の牛肉ですが、健康な体を作るには健康な牛肉を食べなければいけません。そういった意味でもすばらしい組み合わせであり、世に出回っている牛肉とはまったく違う価値観の牛肉なのです。

もちろん、好き嫌いはあるでしょう。それは当然です。従来の牛肉とはまったく異なりますので健康や自然を意識した方でないと受け入れてもらえないかも知れません。日常の食生活に添加物などを排除している方や、子供たちの食について真剣に考えておられる方にこそ口にしていただきたい牛肉です。

授賞式は、有楽町のよみうりホールで行われたのですが、大賞はカゴメが本気で作った無塩ストレートタイプの高級トマトジュース「トマトジュースプレミアム」でした。国内の契約農家で今夏に収穫された完熟トマトのみを使用するなど、こだわりまくりです。一年を通じて提供するのに必要なジュースを冷凍する工程を省略したりその製法にも驚きました。

一昔前はこういったことは中小企業が得意とするところでした。大企業が手を出せない分野であり、それこそが中小の生き残る道だったのですが、資本のある大手がここまでやってくるんですから私は授賞式のインタビューを聞いていて危機感を感じずにはいられませんでした。

とはいっても私がやれることはたかがしれていますし、牛肉は個体差がそれぞれ違うので同じように育てて、同じように熟成させても味に差がでてしまいます。今回おいしかったからといって次もおいしいとは限らないのが牛肉です。それが理解できていない料理人や消費者の方々はおそらく離れていく確率は高いんじゃないかな。買い手と売り手の「信頼」がそのあたりをクリアにするのですが、とにかく時間がかかります。しかし、それが私の役割ですし耳を傾けてくれる人にだけ一生懸命になりたいと思っています。

1億2千万人を相手に商売をしているわけではないので、小さなマーケットでゆっくり商売するのが私には合っているように感じています。こういった賞をいただくと、たくさんの問い合わせがありますが、だれかれと取引はしたくはないし、お金でもなないし、やっぱり心が通う人と一緒にやっていきたいですね。このシェフに料理してほしい、この人に食べてほしいと思える人にだけ販売できればいいかな… なんて贅沢なことを言ってますが牛も人もゆっくり歩んでいければいいと思っています。

写真は、私ではなくプレゼンターの野村邦丸さん(文化放送アナウンサー)です。10年以上前に当店に取材にこられたことがありご挨拶しようかなとも思ったのですが、忘れられてたらショックなので授賞式後は早々に滋賀へ帰りました。

生産者の西川さんはじめ、繋いでいただいた南山の楠本さん、北海道へ行くといつも同行してくれる北村貴さん、店を休んでまで様似までジビーフが育つ環境を見に来てくれたクレメンティアの田淵シェフ、内田シェフ、愛と胃袋の信作シェフ、イルジョットの高橋シェフ、サルティンボッカの木村シェフ、葵の須見シェフ、さらにダダ&純ちゃん、咲ちゃん、名前をあげればキリがないのですが、みなさま全員の受賞です。おめでとうございました!

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Restaurant 愛と胃袋、旅立ちの宴は素敵な料理と笑顔溢れる会となりました

三軒茶屋のRestaurant 愛と胃袋は8月23日をもって営業を終了いたします。次のステー

記事を読む

素材を知っている人の仕事とは

私は肉以外のことはまったくもってダメダメで野菜も魚も名前すらわからない感じです。私がなんでも

記事を読む

今年最後の肉Meetsはイルジョット&クレメンティアのコラボで締めくくり

2014年を締めくくるべく今年最後の肉Meetsは、イルジョット高橋シェフ×クレメンティア田

記事を読む

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催された吉田牧場×dorit×サカ

記事を読む

ラシーム&バンコクSühring(ズーリング)のスペシャルコラボレーションディナー

2018年度 Asia 50 Best Restaurant にて17位に選ばれた、ラシーム

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930