*

共創

公開日: : 2013/01/18 イベント

IMG_2967

韓国で流行っている三角地チャドルバギ。
私が食べてもおいしいと感じるが、肉質的に日本では受け入れられないだろう。
安価な焼肉食べ放題ならいざ知らず・・・

“こだわり”って消費者(買う側)からすれば、もしかすれば、どうでもいいことなのかも知れない。その肉が近江牛であろうが松阪牛であろうが、格付けがA5であろうが雌牛であろうが。

もしかすれば、私たちの取り組みも独りよがりなのかも知れないし、牛のエサまで公開(→)しているのも自己満足であって買う側には関係ないのかも知れない。

ある日のこと、居酒屋であれもこれもとオーダーすると、テーブルには牛肉や豚肉、鶏肉や魚など、食いきれないほどの商品が並んだ。このとき、牛肉の産地がどうだとか鶏肉が国産orブラジル産どちらなのか、と疑問に思いながら食べるものは1人もいない。

楽しくて明朗会計でおいしければいいのだ。

しかし、私が取り組んでいることは、それとは真逆のことばかりだ。
もしかすれば消費者が関心のないことに真剣に取り組んでいるのかも知れない。

取り組みは短期では成果がでないからなおさらで、ごはんを食べるときに箸を持つように、当たり前になるまでやり続けてこそ成果が後からついてくるものだと思っている。

ところで、成果を期待して取り組んできたわけではないが、昨年から、私の考え方に共感してくれての問い合わせが増えてきた。

もちろん、問い合わせがあったからといって、すぐに取引に繋がることはまだまだ少ないが、いくつかの共創が生まれている。

2年ほど前から、大企業は、一方的に商品を提供することをやめ、商品企画の段階から、顧客の声を反映できる仕組み、すなわち“エンゲージメント”を重要視している。

当店のように、昔から行っていた「いらっしゃい!」「まいど!」のショーケースを挟んだ商人は、なにをいまさらと思うかも知れないが大企業を侮ってはいけない。なんといっても投資できるレベルが中小の商店レベルと違うのだ。

さて、当店の取り組みをさらに発展させていくために、2か月に1回程度でイベントを企画しています。

第一回目は2月215日に南草津のサルティンボッカにおいて「熟成肉」をテーマに企画しています。

詳細は正式に決まり次第このブログでも発表しますが、ご興味のある方はぜひご参加をお待ちしています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉Meets in 藤井牧場の近江プレミアム牛を食べる会×左嵜啓史with笛吹利明LIVE

23回目を迎える肉Meetsは、きたやま南山はなれで開催されました。初の2部構成で1部はシン

記事を読む

ワイナリー和泉屋×サンパ×サカエヤのコラボは激しくシェフの肉攻に全員ノックアウトくらったのでした

ワイナリー和泉屋×サンパ×サカエヤ まずは、メニューから。 ・アミューズ   オ

記事を読む

「肉を焼く」って何?(奥深き肉焼き)

僕が2歳のときに出版された「牛肉の本」(←タイトル)にこんなことが書かれています。「肉の価値

記事を読む

8月5日、カサブランカシルクにて出版記念パーティー開催

いつか本を出すことがあっても、ぜったいやりたくなかったのが出版記念パーティー。でも、出してみ

記事を読む

A3の近江牛サーロイン VS C1の経産牛サーロイン

池袋のワインバー、エスペルトで『新井 治彦さんとのコラボ「最高の熟成肉 & 最高のスペインワ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年7月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31