*

坂本(チェンチ)×新保(サカエヤ)×吉田(吉田牧場)×上田(うえと)コラボ会

公開日: : 2019/07/15 イベント

うえとsalon&barで開催されたチェンチ坂本シェフと吉田さん、そして僕のコラボ会。上田さんが合わせるアルコールはあらかじめ用意していたものではなく、本人はいつも通りだといいながら、じつに計算されていたように感じたのは僕だけではないはずだ。そもそもの始まりは、僕が手当てした肉を坂本シェフが料理したらどうなるのか、単純に僕が楽しみたいという超わがままからはじまったのでした。通常営業では、経産和牛のロースをメインで使っていただいてますが、この人の引き出しがいったいいくつあるのかと驚きの一皿を出してきたのです。となれば、僕としてはあの肉なら、この肉ならと、想像と肉欲がとまらなくなって・・・(笑)

愛農ナチュラルポークの脂身のハム。


吉田牧場のカマンベール。
Anneのバケットトラディショナルとカンパーニュ
※脂身ハムが舌の上で溶ける。ああ美しい。澄んだ味の吉田牧場のカマンベールは、自分を主張せずに、そっとパンの香りを引き立てる。

サカエヤの近江牛ウチモモタルタル
吉田牧場のコダカチーズ
飯尾醸造の富士酢
水ナス
※素晴らしい。タルタルの綺麗な味に秘めた鉄分と旨味が濃いコダカとの調和が素晴らしく、軽く塩をして、富士酢を回しかけ、オリーブオイルをかけた水ナスの、その酸味が見事に肉と馴染んでエレガントを漂わせている。この辺りも坂本シェフの面目躍如たるところだろう。こちらは、
生食なので、店頭販売しているもの(8時間以内の賞味期限)を持ち込んだ。


とうもろこしのスープ
ハレヤ(カカオの果肉を煮詰めたジャム)果肉の
全粒粉のクレープ
リコッタをホェーで少し伸ばして滑らかにしたもの。
※すべてが丸く、出すぎず、共鳴して抱き合う。甘さの濃淡がさざめいて、少しはかないところに、胸が締め付けられる。

愛農ナチュラルポークとジビーフのボロネーゼ
チェンチの通常営業でも人気の一皿

竹野酒造の酒粕を入れて作った、愛農ナチュラルポークのハム。
あさかぜキュウリとミントと青いイチジク
※脂生かしている。ハムとなっても脂が締まってだれていない。そこが見事。
愛農ナチュラルポークのきれいな味わいを素直に伸ばしている。凛々しい食感のキュウリの香りとミントの香り、青いイチジクの弱い甘酸っぱさの出会いの美しさ。

経産牛のステーキ。
※噛んでも噛んでも、旨味の持続がある。うまい。つくづくうまいなあと呟かせる力がある。マスタードは、「タカナード」をパッションフルーツで伸ばして
トマトや焼き茄子の甘さも、肉の強さと拮抗する生命力がある。震え上がるようなさ皿。

ブラウンスイスのステーキ。
※味の芯に根性がある。ぐんぐんと舌に旨味が乗ってくる。海外に勝てる肉である。

カカオとチェリーのドルチェ
※カカオティーを染み込ませたスポンジに、フレッシュのチェリーにチェリーのソース、アマゾンカカオのクリーム、バニラのジェラート、コーヒーをまぶしたクランブル、上からカカオペースト。バランスが見事

ホエーのゼリーときな粉、ココナッツ、宮崎マンゴー

ウエルカムドリンク/あえて少し甘くしたシャンパンカクテル(フルーリー&ジャン リュック パスケのピノデシャラント)
アペリティフ/トマトのガスパチョ風カクテル(京都トマト、茴香ジン&ローズマリーウオッカ、塩、酢)
タルタル/花山椒ジントニック
とうもろこし/白ワイン(マルクアンジェリ/ラ リュンヌ アンフォール/ロワール)
ボロネーゼ/赤ワイン (ヴィニ ヴィティ ヴィンチ/イランシー レボーモン /ブルゴーニュ)
ハム/山葵ジンソーダ ステーキ/山椒ジントニック(紀の川、有田) 食後に 50度で煮出した有機栽培緑茶に米焼酎(高橋酒造/百)のカクテル
最後に 吉田牧場ホエイのカクテル(抹茶とウオッカ)
※料理の説明はマッキー牧元さん

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

虎ノ門セジールあと4日

感慨深い夜でした。10年前、あるイベントを立ち上げたときに、大変お世話になった「モランボン」

記事を読む

紅豚×ブエノチキン+近江牛 in 沖縄は暑(熱)かった

「紅豚×ブエノチキン+近江牛!!ミーツvol.5 肉食カーニバル 〜ウェルカメー〜」に参加す

記事を読む

イタリアンで糖質オフ フルコースで糖質17.4gはすばらしい

昨日は久しぶりの休日ということもあり、AM9時からジムに入り 筋トレと有酸素運動、そして3回目とな

記事を読む

サルメリア69×セジール コラボ会

新町さんの生ハムとサラミは機械(スライサー)で切るだけだからなんの問題もない。もしかすると僕

記事を読む

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉田牧場の全作さんと原野さんもい

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2023年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728