*

異なる2つのシンタマは同じ牧草育ちだが中身がまったく違うので手当ての仕方も変えなければいけないのです

公開日: : 2017/11/27 肉牛の品種, 牧場・生産者

よい肉を食べるには、料理人、肉屋、生産者の三者全部のレベルが高くないといけないわけで(マッキー牧元さん)… 僕がレベルが高いとは思っていませんが、より理解してくれる料理人にお肉を預けたいし、嘘偽りのないパッションのある生産者の肉を預かりたいし、まったくもってその通りだと思います。北海道からジビーフ(北海道・駒谷牧場)を運ぶにはモモは骨付きでは難しく、僕が提案する捌き方も現地の加工屋さんではできないらしく(うちでは了平が難なくやるのにレベルが低すぎ)、泣く泣く骨を抜いて運ばれてきます。そうなると手当てのやり方も変わってくるのですが、ようやく慣れました。ブラウンスイス牛(岡山・吉田牧場)は大きすぎて運送屋が岡山から運んでくれなくて、こちらも泣く泣く骨を抜いて届きます。牧草育ちは肉質が良く似ていますが、手当ての仕方はまったく異なります。

写真は同じ部位(シンタマ)ですが、ブラウンスイス牛のほうが水分が抜けきっていないので使う順番としてはジビーフが先です。が、食べ比べもおもしろそうです。2つとも同じところに預けますので偶然にも出会えた方はラッキーです

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

異なるサーロイン3種の仕上げ方

今朝のテレビで天然砥石を採掘して包丁の用途に応じて仕上げていく方が紹介されていましたが、僕が

記事を読む

藤井さん違い

先週はフランスにいたので枝肉の買い付けができず、知り合いの問屋さんに一頭だけ買い付けてほしい

記事を読む

ウィリアムと柳瀬さんとセヴェロオープン、そして不思議なメンバーで牧場見学

パリ14区のル・セヴェロといえばステーキの名店。そのセヴェロが明日18日、西麻布にオープンし

記事を読む

吉田牧場さんのブラウンスイス牛とカチョカバロ

吉田牧場さんのブラウンスイス牛『ドン』とカチョカバロ。 やっぱり吉田さんのお肉は吉田さんの

記事を読む

東海大学産、阿蘇草原あか牛が驚くほどおいしくて感動したのでした

阿蘇の草原あか牛を流通させている橋村さんから連絡があったのが去年だったか、今年の初めだったか

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
ピカピカの内臓入荷

たまに仕事を教えて欲しいと言う方が来ますが、僕なんて年食ってる

ジビーフ入荷 心で育て心で味わう

9/13出荷のジビーフ(くろちゃん)と10/8出荷のてつおくん

琉球大学農学部で育ったあか牛が石垣島からやってきた

琉球大学農学部が石垣島で育てたあか牛がふたたび入荷してきました

→もっと見る

  • 2018年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031