*

ピエールオテイザさんのバスクキントア豚が入荷

公開日: : 2017/11/24 商品

今日もバスクキントア豚が一頭分入荷してきました。皮、骨付きです。初めて食べたときはマジで驚いた。愛農ポークのやさしい味わいとは真逆の野性味溢れる味わいは豚肉というより牛肉に近いのです。このおいしさをたくさんの方に知ってほしいのだが、豚肉としてはちょっと高い。いくらおいしくても豚肉は気軽に買える値段じゃないといけない。価値のあるものだからそれなりの値段でも・・という考え方もあるのだが牛肉文化の関西育ちはそのあたりを割り切れない。でも、おいしいから店頭でも少しだけ販売しています。売れなかっても僕が食べるから問題なし。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ハンバーグのことをもっと考えないと

親戚の叔父が東京から来るというので忙しい家族を代表して私が接待することになった。 知人

記事を読む

近江長寿牛の予約販売がはじまりました

市場では評価がつかない経産牛、つまり子供を産んだお母さん牛のことだ。 和牛は未経産の雌

記事を読む

一頭まるごと仕込みの近江牛カレー

2週間ほど外食続きだったので 先週から、質素な食生活を心掛けていたのだが そういうときに

記事を読む

平かしわ(だいらかしわ)間もなく一般販売開始します

平かしわ(だいらかしわ) 柔らかい鶏肉に慣れている方はご遠慮ください。 こんなことを書くとお

記事を読む

切り落としを料理してみる

久しぶりに時間ができたので、スキレットを使って肉じゃがを作ってみました。じゃがいもは北海道幕

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
やまけん著:炎の牛肉教室!

山本謙治(やまけん)さんがおもしろい本を出した。牛肉本に関して

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなか

徳山鮓でブラウンスイス牛を食べる至福の時間

数か月前に余呉の徳山鮓さんで秘密のイベントがあり、そのときに吉

→もっと見る

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31