*

愛農ナチュラルポークで作るロースハム

公開日: : 2012/12/25 商品

おいしいハム

 

手造りロースハムの記事(→クリック

すでに完売してしまった手造りロースハムだが、牛肉には自信があるものの
ハムは私の専門外であり、しかも味覚は十人十色、私好みの仕上がりですがよろしければ
いかがですか?という感じでやわらかくメルマガで告知させていただいた。

おかげさまで完売、どうもありがとうございました。

10年以上前になるのだが、私がBtoB、いわゆる業務用の卸販売を一生懸命やっていたころ
年末になると取引先各社からお歳暮用にとハムの注文をたくさんいただいた。

1件づつみれば多い少ないはあるものの、まとめるとその数量は1000箱以上あり、ハムメーカーにとってはどうしても受注したいところ。

秋が終わるころに各ハムメーカーはパンフレットを持って営業にやってくるのが習わしのようになっていた。

私は駆け引きするのが好きではないので、値段や割引率ではなく、営業マンの人柄でいつも選んでいた。

当時(いまもそうだと思うが)1流メーカーといえばニッポンハムと伊藤ハム、次いでプリマハム、丸大ハム・・・こんな感じだったのだが、あくまでも私個人的な味覚の問題ということで失礼を承知で言わせていただければ、おいしくない。

そのおいしくもないハムを(ほんとごめんなさい)販売することにものすごく違和感があった。
とはいっても味見してもらってから商品を選んでもらっていたので、納得の上のご購入だったのだが、それでも気がひけた。

それともう1つ、大手メーカーのハムは、別に私から買わなくてもどこにでも売っているわけで、そこに価値観を見出すことは非常にむつかしいと感じていた。

ある日のこと、父の知りあいがハムの会社をやっているので、店舗で販売してくれないかと頼まれた。商品はロースハムしかないとのこと。
とりあえずは味見ということで1本いただいた。

これがすごくおいしくて驚いた。

それから年末のみ店舗で販売するようになり、次第にクチコミでおいしさが広がっていった。
いつからか予約だけで結構な数が売れるようになり、今年もかなりの予約をいただいた。

それでも私には、これが本当においしいのか不安があった。
私が言う「おいしい」は、他社のものと比較して絶対的に、あきらかにおいしいと感じるレベルであり、そうでなければ肉屋がハムの業界に手をだしてはいけないと真剣に思っている。

有名無名、数々のロースハムを全国から取り寄せて試食してみた。
おいしいのもあればそうでないのもあった。驚いたのは、どのメーカーのものも250gぐらいのブロックで5000円前後するのだ。

当店のロースハムは、1200gで5000円なのでかなり安い。当然利益はとれているのだが、他所が儲けすぎてるのか、いや、当店がもっと利益を乗せなければいけないのか・・・などといろいろと思うことはあるのだが、1つ確信できたことは、どこのハムよりも当店の手造りロースハムが断トツにうまかったということだ。

自分で自分のところの商品を褒めることほど胡散臭いことはない。
十分承知しているのだが、本当においしくて毎日食べても飽きないのだ。
脂身はサクサクとした食感で赤身はジューシー、さらに全体的にバランスがとれていてコストパフォーマンスにも優れている。

すでに完売しているのでどうしようもないのだが、来年は愛農ナチュラルポークで作ってみようかと考えている。

1年後まで私が待てないので年明け早々にも取り掛かかるかも。

ということで、ぜひご期待ください。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

すき焼きから焼肉までオールラウンドな近江牛切り落とし

年末年始は、たくさんの枝肉を仕入れるので端材が結構余ってしまいます。 余った端材は、実

記事を読む

ミルクラムが入荷しました

5月20日に開催する「肉Meets × アニョードレを食べる会 in クレメンティア」の主役

記事を読む

平かしわ(だいらかしわ)間もなく一般販売開始します

平かしわ(だいらかしわ) 柔らかい鶏肉に慣れている方はご遠慮ください。 こんなことを書くとお

記事を読む

シェフの好みによって仕上げを変える

ワインだけではなく、野菜も米も肉もビオや有機といった言葉をよく聞くようになりました。レストラ

記事を読む

NIIHO × CHEFシリーズ 高橋シェフのカレーが再販

NIIHO × CHEFシリーズで欠品中だったイルジョット高橋シェフのカレーが入荷しました(

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930