*

「大樹じゃがポーク」一般販売開始しました

公開日: : 2014/07/22 商品

IMG_8882

愛農ナチュラルポークの出荷が安定しないので(次回は9月初めを予定)、他の豚肉も検討していたのですが、なかなか私の口に合うものが見つからず・・・

そして、ようやく見つけたのが「大樹じゃがポーク」なのです。じゃがポークは都合3回食べているのですが、1回目は帯広でしゃぶしゃぶで。このときの感想は「まぁまぁ」な味でした。2回目は様似のジビーフツアーオプションで食べたBBQだったのですが、焼き手がプロのシェフ達だったせいもあり「かなりおいしかった」のです。3回目がイルジョットで開催した豚肉会議でした。11種類の豚肉を食べ比べたこともあり、あまり印象に残っていなかったというのが正直なところです。

現状では、生産者の方には大変申し訳ないのですが胸を張っておいしいです!と言えるほどではありません。じゃーなんで取引したのか?なんで販売するのか?… と矛盾だらけのように思われるでしょうが、私が扱う牛や豚は、最初からうまいものなんてないんです。おいしくなる予感がして、私の意見も取り入れてくれて一緒に作り上げていく、いわゆる協働スタイルなのです。

まずは、先日1頭仕入れました。それぞれの部位を切り分け、カットも工夫したりして、自分でも料理してみました。そして分かったことは、かなりおいしくなる可能性を秘めた豚だということです。現状では、部位によって味の差があり、たとえば写真の料理は、バラを塩漬けにして1日おいて、STAUBで蒸し煮したのですが、歯ごたえといい食感といい抜群においしかったです。愛農ナチュラルポークのやさしいおいしさとは異なり、野性味溢れるパンチの効いたおいしさでした。

私は販売者ですから消費者に一番近いところにいます。プロの料理人たちの声を届けることもできます。すでに出来上がったものを販売するのではなく、自分たちで作り上げたものを販売するイメージです。だからといって現状の「じゃがポーク」がおいしくないのかと言えばけっしてそんなことはありません。ストーリーもすばらしく、味に関しても高いレベルを維持しています。そしてなによりも、もっとおいしくなる要素がたくさんあるから魅力的なのです。これからもっとおいしくなると思ったからこそ取引をお願いしたのです。

販売用の写真も撮りきれていないので見苦しい点もありますが、本日より販売開始していますのでぜひご購入ください(

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あっさり京風ぜんざい【SALE】1袋265円→100円

よく言われるんです。 なんで肉屋が“ぜんざい”売ってるのって? 深い意味はないん

記事を読む

切り落としを料理してみる

久しぶりに時間ができたので、スキレットを使って肉じゃがを作ってみました。じゃがいもは北海道幕

記事を読む

愛農ナチュラルポークと近江牛ミンチで作るハンバーグはかなりおいしい

ミンチ、タマネギ、卵、パン粉、塩胡椒、スパイス・・・なにを作ると思いますか? ってハン

記事を読む

ホルスタインの骨付きリブロース

私は幼いころから和牛で育ったので他の肉にはまったく興味がありませんでした。ホルスタインも例外

記事を読む

精進料理家 棚橋さんと真逆の私が意外と仲良くなれたわけ

【ジビーフ情報】 予約分を外して一般販売を開始したのですが、一晩で1頭分が完売してしまいました

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31