*

岡山吉備高原・吉田牧場のブラウンスイス牛の内臓を少しだけですが一般販売しています

岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全作さんと原野さん。吉田さんが運営する吉田牧場では、子供たちを育てるごとく大切にブラウンスイス牛を飼っています。そして放牧した牛たちのミルクを使って造った「モッツァレラ」や「カチョカバロ」は、その素晴らしい味わいから全国の名だたる料理人を魅了しています。

昨年、吉田さんところにお邪魔したとき、全作さんと原野さんからうちの子たちを食肉としてなんとか人の口まで運べないものだろうかと・・そんな話をしたのですが、まさか実現するとはそのときは正直思いませんでした。お役御免となった牛たちは業者によって引き取られていきます。ペットではないのでそこは仕方がないのですが、問題はその先です。その牛たちがどこへ連れて行かれるのか、その牛たちの肉はどうなっているのか・・・全作さんも原野さんもその先は見えないのです。畜産の世界は昔も今も、おそらくこれからも、見えない世界が存在し続けるのです。

さて、書き出したら長くなりますので省略しますが、結果として1年がかりで流通を作り、全作さんと原野さんの想いがやっと実現しました。そして吉田牧場を支えてくれた牛たちがお肉になって僕のところにやってきてくれたのです。今年は4頭の出荷が実現しました。ハッキリ言ってこれはビジネスではありません。かといって業界に一石を投じたいわけでもありません。では、なぜ?と聞かれても理由はないのです。しいていうなら楽しいから・・かな。いや、それもちょっと違うような。まぁ理由なんてどうでもいいんです。

こういう肉も世の中にはあるんだということを知ってほしい。でも、たくさんの方に知ってほしいわけではなく、せめて僕に近しい人には知ってほしい。ということで、まずは貴重で希少な内臓を少しだけ一般販売させていただきます。(→こちら

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピカピカの内臓入荷

たまに仕事を教えて欲しいと言う方が来ますが、僕なんて年食ってるだけで、えらそうに指導とか無理

記事を読む

吉田牧場のブラウンスイス牛「ミモザ」の牛生

「ミモザ」という名前の牛がいた。仔牛をたくさん産み、いちばん長生きした牛だった。牛舎に牛を入

記事を読む

シェフとの連携でおいしさを生み出す

この写真だけで分かったら相当な肉フェチだと思うのです。実物見ても恐らく分かる人は少ないんじゃ

記事を読む

吉田牧場さんからブラウンスイス牛「スマート」入荷

岡山・吉田牧場さんのブラウンスイス牛「スマート」が入荷してきました。2011年11月11日生

記事を読む

近江牛ホルモンのオルツォは超絶なおいしさだった

ホルモンは焼く、煮る、炒める、炊く・・・ う~ん、他は思い当たらないが、イタリアンのシ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
自分の歌い方で歌え

テレビも見ないし音楽も聞かないのですが、桑田佳祐ひとり紅白歌合戦は毎年

食べ手について

生産者がいて料理人がいて食べ手がいる。まぁそうなんですが、フー

京都祇園 時菜 今日萬にて 中島武 × 新保吉伸

一昔前は「特選」とか「極上」といった表記が目立ったが、不当表示

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031