*

岡山吉備高原・吉田牧場のブラウンスイス牛の内臓を少しだけですが一般販売しています

岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全作さんと原野さん。吉田さんが運営する吉田牧場では、子供たちを育てるごとく大切にブラウンスイス牛を飼っています。そして放牧した牛たちのミルクを使って造った「モッツァレラ」や「カチョカバロ」は、その素晴らしい味わいから全国の名だたる料理人を魅了しています。

昨年、吉田さんところにお邪魔したとき、全作さんと原野さんからうちの子たちを食肉としてなんとか人の口まで運べないものだろうかと・・そんな話をしたのですが、まさか実現するとはそのときは正直思いませんでした。お役御免となった牛たちは業者によって引き取られていきます。ペットではないのでそこは仕方がないのですが、問題はその先です。その牛たちがどこへ連れて行かれるのか、その牛たちの肉はどうなっているのか・・・全作さんも原野さんもその先は見えないのです。畜産の世界は昔も今も、おそらくこれからも、見えない世界が存在し続けるのです。

さて、書き出したら長くなりますので省略しますが、結果として1年がかりで流通を作り、全作さんと原野さんの想いがやっと実現しました。そして吉田牧場を支えてくれた牛たちがお肉になって僕のところにやってきてくれたのです。今年は4頭の出荷が実現しました。ハッキリ言ってこれはビジネスではありません。かといって業界に一石を投じたいわけでもありません。では、なぜ?と聞かれても理由はないのです。しいていうなら楽しいから・・かな。いや、それもちょっと違うような。まぁ理由なんてどうでもいいんです。

こういう肉も世の中にはあるんだということを知ってほしい。でも、たくさんの方に知ってほしいわけではなく、せめて僕に近しい人には知ってほしい。ということで、まずは貴重で希少な内臓を少しだけ一般販売させていただきます。(→こちら

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

牛タンとタイム風味のビネグレット

内臓肉、いわゆる〝ホルモン〟だが、焼く、煮る、炊く、といった料理法が一般的だ。 数年前

記事を読む

もつ鍋のおいしい季節がやってきたー!

ここ数日、めっきり寒くなって「もつ鍋」の売れ行きが絶好調です。 すっかり鍋料理の1つと

記事を読む

吉田牧場さんのブラウンスイス牛、おいしく仕上がりました

牛の世界はおもしろくって、日本には日本の事情があり、アメリカにはアメリカの事情があります。も

記事を読む

吉田牧場さんの“ダチ”がなんと旨いことか!

吉田牧場さんのブラウンスイス牛。2010年9月9日生まれで4産している『ダチ』が入荷してしば

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
サルメリア69×セジール コラボ会

新町さんの生ハムとサラミは機械(スライサー)で切るだけだからな

生鮮3品の存続は若者が憧れるような職業にならないと

僕が修行していた頃は、店内で枝肉を捌いている光景が普通だった。

Le Severo C’est excellent!

牛肉にしろ豚肉にしろ2通りの考え方があります。産地がどこだとか

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30