*

吉田さんから僕へ、僕からシェフへつなぎます

岡山の吉田牧場さんで育ったブラウンスイス牛のサク。双子で生まれてゼンとサクと名付けられました。双子は虚弱なことが多く、ゼンは種が付かなくなり早々にお役ごめん。サクはなんとか3産までがんばりましたが、その後はやはり種が付かなくなり少し肥育してからお肉になってもらいました。6歳でした。

先日そのサクが入荷してきましたが、牧草育ちは水分が多く日々の観察と手当てと管理が必要です。牧草育ちのブラウンスイス牛やジビーフの手当てはやっかいですし、サシの多い和牛と比べると手間がかかります。私の場合はその手間と毎日の発見が楽しいのですが、吉田さんが我が子のように大切に育ててきたサクだからこそ、僕が全力で手当てして仕上げてやりたいのです。ビジネスじゃなく想いのほうが強く、だから料理する人も同じような感覚の方に使っていただきたいのです。今日は吉田さんが見守る中、ヒレを骨から外しました。こういう瞬間ってシェフの顔が浮かぶのです。

吉田さんから僕へ、僕からシェフへつなぎます。

さて、今回お肉になってくれたサク、近江牛の産地ですが一般のお客様向けに店頭販売します。さてお客様の反応はいかに。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今年最後の吉田牧場さんのブラウンスイス牛入荷

正しい肉は正しい人に料理されてこそ人を感動させられる。11/20に肉になってくれたブラウンス

記事を読む

これぞ赤身肉の決定版ともいうべき牛肉が続々入荷

一気に入荷があるともう大変!冷蔵庫が賑やかです。 これぞ赤身肉。奈緒子さんのジビーフ、全作さんのブ

記事を読む

手当てしたブラウンスイス牛がかなりおいしく仕上がって本日から店頭で販売しています

移転してまだ一か月しか経っていませんが、なんだかずっと前からこの地で商いやってる感覚です。平

記事を読む

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなかで、吉田牧場さんのブラウンスイ

記事を読む

老眼によるミス

とある勉強会用に仕上げた3種類の牛肉。フランス産バザス牛(30日の水分調整からのドライエージ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31