*

牛ハートにブルーチーズソースを合わせて

公開日: : 2011/11/10 ホルモン

P1010717.JPG

コプチャン、テッチャン、タン、レバー・・・

これすべて内臓で、一般的にはホルモンと呼ばれるものだが
私が一番好きなのが、赤身系のハート(ハツ)です。

ハートの食べ方は、一般的にはストレートに焼く、
次に野菜と一緒に炒める、これぐらいかな。

ちなみに、私はもつ鍋にも入れます。

入荷直後の新鮮なものなら、醤油に唐辛子をパッパッと振って
ナマで食べたりします。いわゆるハツ刺しです。
これが最高に旨くて、日本酒がすすんでしまいます。

ところで、ハートのおいしい食べ方は、
薄切りよりも断然厚切りです。

5㎜強にカットしてフライパンで焼きます。
焼く前に塩をするより、焼きあげてから塩を少しつけて食べるほうが
おいしいです。

たれで食べる場合は、さかえやオリジナルのたれ「ちゅうから」がよく合います。

さて、写真はかなり分厚くカットしたハートですが
側面に焼き目がついているのが確認できるかと思います。

これは、あらかじめフライパンで少し焦げ目がつくぐらい
焼きます。

次に、オーブン(100度以下)でじっくり焼くと
写真のような色合いに仕上がります。

ソースはブルーチーズですが、これがまたよく合います。

意外と知られていないハートのおいしさですが
とってもおいしくてヘルシーなので、ぜひお試しください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛の甘味なもつとスープで織りなす至極のもつ鍋

いまや鍋料理の定番として、鍋ランキングで上位に入るもつ鍋ですが ブームになったのは、いまか

記事を読む

牛タンとタイム風味のビネグレット

内臓肉、いわゆる〝ホルモン〟だが、焼く、煮る、炊く、といった料理法が一般的だ。 数年前

記事を読む

ピカピカの内臓入荷

たまに仕事を教えて欲しいと言う方が来ますが、僕なんて年食ってるだけで、えらそうに指導とか無理

記事を読む

喉が悪いとウルテが効くってホント?

牛の内臓、いわゆるホルモンだが、これほどややこしいものはない。 流通ルートが複雑で、特にブ

記事を読む

新鮮な生レバーが入荷しても生では食せず

当店のユッケや生レバー(レバ刺し)は、20年以上もの間、 たくさんのお客さんにご好評いただ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
2020年ありがとうございました

本日をもって2020年の仕事納めとさせていただきます。 大変

肉は技術ではなく心で切る

技術は教えられても肝心なのは心だと思うのです。イズムとか流儀と

no image
チェンチにてブラウンスイス牛を食す会

6月に京都荒神口のDroitにて開催されたブラウンスイス牛を食す会。料

→もっと見る

  • 2021年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31