*

阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

公開日: : 2017/11/10 あか牛

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛のプロジェクトです。今年の出荷は一頭のみ。次回の出荷は再来年とのこと。5年後には一か月に一頭を目指します。起伏のある野山でのびのびと歩き回り、阿蘇の大自然に寄り添いながら育っていきます。このプロジェクトは野草地を利用した牛本来の育ち方を尊重したもので、昔はこうやって牛が育ったのです。山間部野草のほか、耕作放棄地や使わなくなった果樹園なども放牧地として活用できるため、阿蘇の草原景観維持や農地の荒廃を防ぐ効果も期待できます。

あか牛は年々減少しています。なのにどうして県外へ、それも滋賀の肉屋へ貴重なあか牛を出荷するのかと地元でやいのやいのと言われている草原牛プロジェクトの橋村さん。今日は我が子の様子を見に阿蘇から来てくださいました。セジールで食べた我が子の感想は「うまいなぁー」としみじみ。食べるにはちょっと早いかなと思ったのですが、せっかく阿蘇から来てくださっているのに出さないわけにはいかず、僕もドキドキしながらご一緒したのですが、とんでもなくおいしくて正直驚きました。

全国どこへ行っても牛肉は食べられます。昔のように牛肉がご馳走だった時代は終わりました。でも、記憶に残る牛肉が少ないのも事実です。うちで販売している肉だって人によってはそう感じるかも知れません。阿蘇のあか牛、涙がでるほどおいしかった。この肉を食べられるレストランは限られていますが、偶然にも見かけることがありましたら迷わずオーダーしてください。本当に感動しますから。これが牛肉です。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

橋村さんが育てた阿蘇の草原あか牛

ロースが骨付きで16.4kgなのでかなり小さな牛だったことがわかります。橋村さんが阿蘇郡南小

記事を読む

石垣島からあか牛が間もなく到着

琉球大学農学部と八重山農林高校のあか牛プロジェクト。熊本の東海大学から譲り受けた3頭のあか牛

記事を読む

違いの分かる3種、食べ比べるとかなりおもしろい結果になります

上から、ジビーフ、阿蘇のあか牛、近江牛。格付けけはC1、A2、A3。単体で食べるのと食べ比べ

記事を読む

阿蘇のあか牛、ナチュラルからよりナチュラルへ。すばらしい肉質です

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛。橋村さんが立ち上げたプロジェクトは野草地を利用

記事を読む

琉球大学×八重山農林高校のプロジェクト、石垣で育ったあか牛その後

石垣で育ったあか牛ですが、僕がおいしくしてやれるのは、このあたりが限界かな。流通が整備されい

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
サルメリア69×セジール コラボ会

新町さんの生ハムとサラミは機械(スライサー)で切るだけだからな

生鮮3品の存続は若者が憧れるような職業にならないと

僕が修行していた頃は、店内で枝肉を捌いている光景が普通だった。

Le Severo C’est excellent!

牛肉にしろ豚肉にしろ2通りの考え方があります。産地がどこだとか

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30