*

阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト

公開日: : 2017/11/10 あか牛

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛のプロジェクトです。今年の出荷は一頭のみ。次回の出荷は再来年とのこと。5年後には一か月に一頭を目指します。起伏のある野山でのびのびと歩き回り、阿蘇の大自然に寄り添いながら育っていきます。このプロジェクトは野草地を利用した牛本来の育ち方を尊重したもので、昔はこうやって牛が育ったのです。山間部野草のほか、耕作放棄地や使わなくなった果樹園なども放牧地として活用できるため、阿蘇の草原景観維持や農地の荒廃を防ぐ効果も期待できます。

あか牛は年々減少しています。なのにどうして県外へ、それも滋賀の肉屋へ貴重なあか牛を出荷するのかと地元でやいのやいのと言われている草原牛プロジェクトの橋村さん。今日は我が子の様子を見に阿蘇から来てくださいました。セジールで食べた我が子の感想は「うまいなぁー」としみじみ。食べるにはちょっと早いかなと思ったのですが、せっかく阿蘇から来てくださっているのに出さないわけにはいかず、僕もドキドキしながらご一緒したのですが、とんでもなくおいしくて正直驚きました。

全国どこへ行っても牛肉は食べられます。昔のように牛肉がご馳走だった時代は終わりました。でも、記憶に残る牛肉が少ないのも事実です。うちで販売している肉だって人によってはそう感じるかも知れません。阿蘇のあか牛、涙がでるほどおいしかった。この肉を食べられるレストランは限られていますが、偶然にも見かけることがありましたら迷わずオーダーしてください。本当に感動しますから。これが牛肉です。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

橋村さんが育てた阿蘇の草原あか牛

ロースが骨付きで16.4kgなのでかなり小さな牛だったことがわかります。橋村さんが阿蘇郡南小

記事を読む

熊本東海大学育ちのちかこさんがやってきました

熊本の東海大学農学部阿蘇キャンパスで育ったお母さん牛のちかこさん

記事を読む

東海大学で生まれ育った阿蘇のあか牛が入荷してきました

熊本県南阿蘇村の東海大学農学部農学教育実習センターでこの子が生れたのが2015年4月30日。

記事を読む

熊本・東海大学のお母さんあか牛が入荷。すばらしい肉質に興奮せずにいられない

熊本・東海大学農学部の阿蘇草原あか牛の流通を担っている橋村さんからあか牛を肉として仕上げてほ

記事を読む

阿蘇の草原牛が昨年に続き今月末に入荷してきます

熊本阿蘇の草原牛としては昨年に続き二頭目となりますが、またまた私にお任せいただけるとのことで

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
CREAに掲載されましたのでよろしければご覧ください

写真は東海大学、阿蘇のあか牛です。のんびりしてますね。人間の都

おもて牧場の十勝若牛

十勝若牛は北海道十勝清水町の6戸の農家だけで生産されています。

サカエヤ×ディオニー お肉とナチュラルワインのコラボ会

移転して初の試みでしたが、いやぁードキドキでした。お昼と夜の2

→もっと見る

  • 2017年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930