*

プラスチックの肉芝からシリコンの肉芝へ

公開日: : 2017/09/02 肉 サカエヤ

昔から精肉を入れる容器のことをパイレーシ(全国共通の名称かどうかは不明)と呼んでいますが、そのパイレーシには必ず肉芝を敷きます。肉のドリップによる変色防止の意味合いもあるのですが、おそらく専門店でもスーパーでも対面販売の精肉店ではかなりの確率で使われているものと思われます。実際、百貨店の精肉売り場でも見かけますから、一般の方も「はいはい見たことあります」てな感じかも知れません。

さて、この肉芝ですが、色はグリーン、ブラック、ホワイトの3色があり、ほとんどの精肉店はグリーンを使っています。これは昔からそうであるように、肉芝を敷くことがあまりにも当たり前になっていて、そこに違和感を覚える方はいないと思います。

私はと言いますと、多少の違和感はあったものの、ここにお金をかけるのもどうかなぁと思っていたところがあり、よほど変色したり見た目が悪くならない限り、一度購入すれば買い替えることもなく、使い続けるのが業界の常だと思っています。

いつだったか、肉芝の材質が気になり調べたところプラスチックだということがわかりました。そこまで気にすることがなかったので違和感なく使っていましたし、安価なので使いやすいといえば使いやすいのです。でも、日増しにこの違和感が気持ち悪さに変わっていき、なにか他のものはないかと探していたところ、これがなかなか見つからないのです。市販のものはプラスチックだし、特注すればなにかしらありそうなのですが、問題は価格です。そこで友人のゴム屋さんに相談してみたところ、値段は高いけど安全面と安心面を兼ね備えるならシリコンがオススメだと言われたのです。しかし、やっぱり高い。値段を聞いてひっくり返りました。

で、サンプルを作ってもらって数日間使ってみたところ、すごく良いのです。もうグリーンの肉芝には戻れない感じです。もちろんひっくり返る値段ですが、安全面と安心面には変えられないですからね。ということで移転後の新店舗では、すべてシリコンの肉芝に代わります。お客様にとっては見えない部分かもしれませんが、そういうところにこそ気配りしないと、おいしいお肉は販売できないと思っています。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

30%の不安のなかで工事は着々と進んでいます

数か月前の現場風景ですが、着々と工事は進んでおりまして、かなり全体像がはっきりし始めてきまし

記事を読む

新生サカエヤ 9/21グランドオープンまであと28日

移転まであと1ヵ月を切りました。ようやくショーケースが入りこれでぐっとイメージの幅が広がりま

記事を読む

9月21日GRANDO OPENに向けて

サカエヤへのお問い合わせは、077-563-7829まで。 セジールのご予約は(こちら→)

記事を読む

9/21グランドオープンさせていただきました

本日10時に無事グランドオープンさせていただきました。昔のように新聞に折り込みチラシを入れる

記事を読む

現店舗での営業もあと2日となりました

現店舗での営業もあと2日となりました。この地で20年間営業してきましたので感慨深いものがあります

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930