*

ホルス30日熟成ヒレステーキ

公開日: : 2017/08/04 肉 サカエヤ

金沢の某所で食べられるTボーンステーキですが、ホルスの30日熟成を3㎝にカットしています。この2年間、試行錯誤しまくりで、フレッシュの状態から熟成期間を20日、30日、40日・・・と10日刻みに変えていったり、お客様の反応を見ながら変化をつけたりしてきました。仕上がった肉は僕も試食はしますが、ホルスのフレッシュはまったくダメで、それでもおいしいというお客様がいらっしゃったとかで、好みの問題も大いにありますが、私の中のベストはホルスは30日熟成なんです。そんなこんなでようやくここ最近になって味が落ち着いてきました。

「新保さんが手当てしたお肉をうちのお客様に食べさせたい!」から始まった無謀なチャレンジでしたが、どうにかこうにか形になってきたのでほっとしています。もちろんありがたいことですし、感謝していますが、そのような背景のなかで肉を卸すって責任重大だし大袈裟に聞こえるかも知れませんが、命がけでやらなきゃ失礼にあたります。

寒い寒い北陸の冬。プレオープン初日も小雪がちらついていました。いてもたってもいられなくて強風で止まりまくりのサンダーバードで向かったのを思い出します。せっかくなので東京の友人も誘ったらもちろん二つ返事でやってきた(笑)

ちょっと長くなりましたがここからが本題です。
Tボーンステーキはご存じのようにサーロインとヒレがくっついた部分を言います。骨がTの形をしているからそのように呼ぶのですが、Tボーンカットにすると、どうしてもヒレの頭(テート)が余ってくるのです。食感はヒレなので柔らかいのですが、熟成させているから香りが強く、チーズ感覚です。ワインなしではいられないといった感じです。

今日明日と店頭に出してみましたのでご来店可能な方はお立ち寄りください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉屋の仕事に興味を持ってくれる人が少しずつ増えてきたように思う

バックヤードに設置している3台の冷蔵庫は温度帯、湿度などを変えて使い分けています。店頭の熟成

記事を読む

プラスチックの肉芝からシリコンの肉芝へ

昔から精肉を入れる容器のことをパイレーシ(全国共通の名称かどうかは不明)と呼んでいますが、そ

記事を読む

熟成ではなく「手当て」が肉屋としては正しい表現だと思う

新店が肉屋らしくないので珍しいのか、いくつか雑誌の取材をありがたくお受けした。「これはいった

記事を読む

9/14 プレオープンしました

本日10時にプレオープンしました。ここ4~5年で僕の中で小さな爆発があり、日本だけではなくヨ

記事を読む

新生サカエヤ 9/21グランドオープンまであと28日

移転まであと1ヵ月を切りました。ようやくショーケースが入りこれでぐっとイメージの幅が広がりま

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930