*

吉田牧場さんのブラウンスイス2頭が入荷してきました

公開日: : 2017/03/26 肉牛の品種, 牧場・生産者

岡山県中央の吉備高原で放牧酪農とチーズづくりを行う吉田全作さんと原野さん親子。吉田さんが運営する吉田牧場ではブラウンスイスを放牧で飼っていて、その牛たちから搾ったミルクを使ったモッツァレラやカチョカバロは、全国の名だたる料理人たちを魅了し、入手困難と言われていることでも有名です。

昨年の6月に吉田さんところでジビーフの会をやりまして、そのときにブラウンスイスをなんとか肥育して食べられないかと・・・そんな話になったのはいいのですが、いざやろうとすると様々な困難があり、まず吉田さんは肥育したことがないので、そこからでした。さらに、と畜から加工するまで、そして当店まで運ぶ流通を新たに作らなければなりません。もっといろんなことがありましたが、どうにかこうにか肉となり当店までやってきてくれました。

最初に内臓が届いたのですが、驚いたのは第一胃(ミノ)でした。こんなに分厚いミノは初めてみました。吉田さん曰く、肥育といっても外でたらふく乾草を食べさせていただけとか。おそらくミノだけではなくレバーもハツもかなり状態が良かったのは、自然のままに育てた結果なのでしょうね。

3才6か月(未経産)のリブロースです。まだ食べていませんが、なんかいい感じでしょう。

サーロインはこんな感じ。リブロースに比べて繊維が詰まっている分、少し硬いかも知れませんが、これも個性ですからね。どちらにしても楽しみです。

4才6か月の経産のリブロースです。一産しかしていないのですが脂は経産らしく、でも肉質は驚くほどいい感じです。

サーロインですが、なんか見た目は未経産のものよりいい感じです。内臓は大阪の遊山さんと京都の南山さんへ行きましたので、お肉ももちろんですが、部位ごとに切り分けてたくさんの料理人のみなさんに使っていただけると嬉しいです。超・超・貴重な吉田牧場さんのブラウンスイス、初チャレンジですが期待できそうです。少し寝かせてから販売したいと思います。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ウィリアムと柳瀬さんとセヴェロオープン、そして不思議なメンバーで牧場見学

パリ14区のル・セヴェロといえばステーキの名店。そのセヴェロが明日18日、西麻布にオープンし

記事を読む

希少な乳牛3種の食べ比べは京都きたやま南山にて絶賛行列中!

きたやま南山にて現在販売中の『希少』な乳牛三種。タイミングが良ければ三種の食べ比べができるか

記事を読む

生産者を訪ね回るシェフの姿に意気込みを感じました

インターネットで情報発信していると、全国いろんなところからお声がけいただく。BtoBの見積り

記事を読む

マッキー牧元&新保吉伸のブリアンツァ会

携帯電話も繋がらない。野生の王国に人間が住まわせてもらっている。牛舎飼いの牛と放牧の牛はまっ

記事を読む

仕上げ方のことなる赤身肉3種

牛肉の仕入れで一番大事なのはなんだと思いますか? 僕は仕入れたあとの「管理・保存」だと思っ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
それぞれのジビーフ

6月8日に屠畜したジビーフ「ゆうり」25ヶ月令去勢。安定のガリ

セジールサービススタッフ募集

セジールでサービスとして働いてくれる方を1名募集しています。

虎ノ門横丁ポップアップストア

ご案内が遅くなりましたが、本日より情報というか告知というか解禁

→もっと見る

  • 2020年7月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031