*

足寄からやってきたホゲット

公開日: : 2017/03/14 牧場・生産者, グルメ

マトンのあの独特の香りが得意ではなく、ラムだとなんか物足りなくて、中間のホゲットが好みです。ただ、羊も牛と同じように環境がおいしい肉を作り、料理人との相性も大事だと思います。

関西は牛肉文化なので、羊を食べる機会は少ないですが、良いものを触り体験すると羊の概念も変わります。足寄からやってきたホゲットと料理人の相性が抜群のおいしさを提供してくれました。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

和食の料理人が作る牛肉料理はシンプルだがおいしい

外食の回数を減らしてできるだけ内食でとは思うのですが、おいしいものに関してだけはフットワーク

記事を読む

おいしさの根幹は場づくり

数年前に友人たちと愛農高校を訪問したときの1枚です。先生や生徒たちと給食をいただき童心に返っ

記事を読む

サイエンスキュイジーヌを体験

世界中から料理人が教えを乞うために訪れるというその店は、いや、店ではなく実験室といったほうが

記事を読む

宮崎のおやっさんが送ってくれた156ヶ月齢の経産牛を吊るしとドライエイジドで。

出産を経験したお母さん牛を“経産牛”と言うのですが、未経産の牛に比べると、サシや旨み、柔らか

記事を読む

鎌倉石窯ガーデンテラスで肉、パスタ、そして幸せな時間

「4th 肉Meets at COOK&DAINE HAYAMA」の翌日、鎌倉で大成

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
㐂邑さんがお鮨を握って高橋シェフが肉を焼いて58歳が涙したすばらしいバースデーでした

数日前のことです。駒沢のイルジョットで友人を騙そうということで

上棟式が無事終わりました

字はともかくとして、昨日無事に上棟式が終わりました。神聖な気持

肉の状態を見極めて保存方法を変えてみる

先日、西麻布の龍眉虎ノ尾で際コーポレーションの中島社長の料理を

→もっと見る

  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031