*

ナチュラルな流れのなかで感じたこと

公開日: : 2016/11/16 コラム

img_3039

メツゲライクスダ@楠田さんに作ったいただいた【テリーヌ ド ジビーフ オン ジュレ/ジビーフのゼリー寄せ】は、今月21日のイベントのサプライズだったが、我慢できずに披露してしまった。

楠田さんには、愛農ナチュラルポーク半頭をすでに預けていて、全部位をシャルキュトリーに仕込んでもらっている。そもそもは愛農ナチュラルポークの骨付きモモでジャンボンブランを作ってもらってみんなで食べようという話しで盛り上がり、ならばせっかくなので半頭まるごといきますか?!みたいなノリで「愛農ナチュラルポークを食べ尽くす会」となったのです。そして、当日のサプライズとしてジビーフのゼリー寄せを作ってもらったのです。我慢できずに食べたというのは大袈裟ですが、イベント開催日の一週間前、14日に生産者の西川奈緒子さんが講演に来られるということもあり、それならばと仕上げを早めていただきフライングしたというわけなのです。せっかく北海道から生産者が来られるんですから食べて欲しいですものね。

さて、食の世界だけではなく、いろんな分野で「ナチュラル」という言葉が使われていますが、牛肉に限って言えば牛舎で飼っている牛は当てはまらないと思うのです。

和牛の生産者から「うちは放牧させてますから健康的な牛に育つんです」と言われて見に行くと、屋根がない牛舎に牛がいるだけだったりすることがあります。いわゆるなんちゃって放牧ですが、これを放牧と呼んではいけませんよね。

エサにこだわっているとか健康に育てているとか言っても牛舎飼いとナチュラルがどうしても結びつかないし違和感があります。私も和牛を扱っているので、そのあたりは消費者の方に誤解されないようにしっかり説明していかなければいけないと感じています。誇張せずに正しく伝えることも安全や安心に繋がるのではないかと思うのです。

「草喰 なかひがし」の大将と話していたとき、私が鶏肉を探しているというなかで、大将は、毎朝の日課として山に入ってその日のお客様分だけの野草を摘み、鶏肉に関しては、仕入れ先のたまご屋さんに100羽飼ってもらっていて、使う分だけ自分でしめて捌いているとのこと。ワインに関しても、ある国産ワインをなかひがしさん用にと樽ごと分けてもらっているそうです。こういう流れこそナチュラルだと思うのです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今年も一年ありがとうございました。来年もガハハと笑って行きましょう!

今年を振り返る暇もないほど忙しい年末を過ごさせていただいております。店舗がごった返す31日は

記事を読む

肉汁は肉によりけり焼き方によりけり正解もなく不正解もなく

肉の繊維の断面を先に焼いてから内部の水分を閉じ込めてから焼く云々・・・ この先の文章で

記事を読む

おいしい牛肉を手に入れるには情報と人脈

過日、草原あか牛『eco beef』セミナーが開催された。前後のスケジュールを詰め込みすぎた

記事を読む

食の楽しみ方はまずは健康であること

国産の羊肉は絶対量が少なすぎてなかなか回ってこないのですが、今回は武藤さん(茶路めん羊牧場)

記事を読む

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉専用種枝肉共励会において「赤身

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
父親間もなく引退

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前

10月はcenciさんでコラボやります

料理人と料理人、食材と食材、いろんなコラボイベントがありますが

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031