*

ZURRIOLA(スリオラ)で愛農ナチュラルポークを食べ尽くす会

IMG_1473

定期的というか、たまにというか、食事を共にするお仲間がいまして、スリオラの本多シェフともそのご縁でした。八丁堀のシックプッテートルが最初の出会いだったかな。で、数か月前に食事したときに、どんな流れだったか忘れてしまいましたが、なんとなく愛農ナチュラルポークの会をやりましょうよという話になり、じゃー、やりますかみたいなノリで実現したのですが、開けてみれば中身がギッシリ詰まったプロの仕事ぶりに感動したのでした。

料理はこんな感じで・・・

IMG_1474

Butidos(ブティードス)
左から、Butifarra(ブティファラ) Sodrasada(ソブサラダ) Chorizo(チョリソ)

IMG_1480

塩漬けバラ肉とトマト、アボカドのコア

IMG_1485

IMG_0911

IMG_1487

愛農ナチュラルポークと手長エビのスープ

IMG_1489

バラ肉の“エレスィル風”

IMG_1492

豚足とボルチーニ茸のアロス

IMG_1494

ここでパンが登場。自家製パンとスペイン(だったかな)からやってきたパン

IMG_0916

ロース肉のアドボ、ビキーヨスピーマンの詰め物

IMG_1500

IMG_1502

IMG_1505

愛農ナチュラルポークの最構築
バースニップのピューレ(舌、頬、耳、ブティファラ・ネグレ)

IMG_0922

モヒート

IMG_0923

チョコレート トフィー パッションフルーツ

IMG_1509

小菓子とコーヒー

 

ごちそうさまでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛A1~A5食べ比べ会、参加者の反応はいかに!

「近江牛A1~A5食べ比べ ~糖尿人でもお肉を食べていいのです!」というなんとも魅力的なイベ

記事を読む

高良シェフ(銀座レカン)×高橋シェフ(イルジョット)コラボ肉Meets

私が東京へ頻繁に出かけるきっかけとなったレストラン「イルジョット」。5年前だったか、6年前だった

記事を読む

7th 肉Meets in Clementia(クレメンティア)は大雨の中、大盛況だった

1皿ごとにワインを合わせて丁寧に産地や生産者のこと、特徴を伝えるエーテルヴァインの佐々木くん

記事を読む

肉Meets 11月は3回開催します

生産者の顔は知っているけど消費者の顔は知らない。ふとそんなことを考えながら始まったのが肉

記事を読む

愛農ナチュラルポークの骨付きモモは楠田さんがジャンボンブランに。

今年は順調よく入荷がある愛農ナチュラルポークですが、それでも週に2頭が限界です。一般の方から

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
山脇りこ先生の「きょうから料理上手」がおもしろい

台湾の和牛セミナー、好評だったとお聞きしてほっとしています。料

ジビーフ「太郎」入荷、そして米国産牛肉の輸入月齢の制限撤廃で、30ヶ月齢以上の牛肉が入ってくる

トラックに揺られてジビーフ『太郎』がやってきた。先日の北海道肉

Or en Boucheゆっくりオープンしました

近所にこんな店があったらいいのになぁー。 たまに出会う10坪

→もっと見る

  • 2018年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930