*

出荷のタイミングを見誤ると肉は本領を発揮してくれない

公開日: : 2016/04/02 近江牛

IMG_0608

たまにですが生産者の方から営業を受けることがあります。さすがに突然来られる方はいませんが最近多いのはSNSでメッセージを送ってくるケースです。そしてほとんどの方が同じような内容なのです。まずは自己紹介、次に牛にストレスをかけずに育てていること。ブレンド飼料を毎日配合していること。肥育日数。○○というブランドで販売していること。さらに愛情・・・です。

これって特別なことなのかな。愛情に至っては動物を飼っている限り当たり前だと思いますし、私たち食に携わっている者が安全や安心を謳っているのと同じようなものじゃないでしょうか。

もちろん、牧場を見て環境を見て牛を見て気にいれば使いたい気持ちはありますが、営業されると引いてしまいます。

さて、久しぶりに頭を抱えたくなるような枝肉を落札してしまいました。目方と格付けは好みだったのですが、肉質がイマイチだったので本命の予備として押さえていた枝肉だったのです。結果として本命があまりにも高くて買い切れなかったので押さえの枝肉を落札したというわけです。

入荷したては当然ながらフレッシュな状態なのですが、なんと表現すればいいのか、赤身が強くてべたっとした肉質なんです。個性がないというか、おいしさを感じない肉だったのです。

販売するのも躊躇するぐらいだったので、冷蔵庫に吊るした状態がしばらく続きました。そんなある日のこと、某シェフから注文が入り、肉がなくなったのですぐに送って欲しいとのこと。しかし、いま出せるものが例の肉しかなかったのです。

なんでもいいから送ってくれとのことなので、シンタマを捌いてお送りしたのです。もうお客さんにお出ししただろうなとか思いながら3日が過ぎました。あまりにも心配になって夜中に目が覚めるほどだったので、電話で確認したところ、「すごくおいしかったですよ!」と予想外の感想を言われてほっとしたというより驚いたのでした。

何度か試食しているのですごくおいしかったはないだろうと半信半疑だったのですが、改めて試食してみると、本当においしくなっていたのです。肉が持っているポテンシャルが全開になった感じです。写真は同じ個体のリブロースですが、うっすら黴が付着しはじめたところです。

タイミングよくリブロースの注文をいただいたので、本日発送させていただきましたが、今回は自信を持ってお届けすることができます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ミンチは端材を利用するのではなく、骨から切り出したチマキ(スネ)を使っています

スネはミンチ材として骨付きで吊るして軽く水分を抜いています。水分が多いと変色が早く、特に冷蔵

記事を読む

放牧で育った牛肉はおいしい

当店の牛の委託先である木下牧場では 和牛肥育では珍しい放牧を取り入れている。 牛舎で

記事を読む

プレミア近江牛が順調な仕上がりで楽しみ2倍

facebookの近江牛.comファンページにうれしいコメントをいただいた。 ご紹介いただ

記事を読む

ワイナリー和泉屋×サンパ×サカエヤのコラボは激しくシェフの肉攻に全員ノックアウトくらったのでした

ワイナリー和泉屋×サンパ×サカエヤ まずは、メニューから。 ・アミューズ   オ

記事を読む

昔の肉を追い求めて

テレビ局の方から「新保さんが考えるおいしい肉とはどのような肉ですか」と質問されました。肉質や色、

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
保護中: ジビーフ『なおみ』そして、息子の伊藤さん、出荷の日

僕がなにを書いても陳腐な表現になりそうなので、西川奈緒子さんの投稿をそ

『公開版』Part10 格付けはおいしさの物差しではない(P68)追記

あそこの肉よりここの肉のほうがおいしいよねー、、とか、なぜ、あ

保護中: 『非公開版』Part9 日本産和牛とWAGYU追記

コピー、転用、他言無用でお願いします。 2018年9月に和牛

→もっと見る

  • 2019年8月
    « 7月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031