*

近江プレミアム牛、ますますおいしく、そして際立ってきました

公開日: : 2016/01/18 近江牛, 近江プレミアム牛

IMG_8429

月1頭出荷の近江プレミアム牛ですが、飼料の高騰などの煽りを受けて来月より仕入れ価格がぐーんと値上がりします。ということは販売価格もスライドしますので値上げせざるをえない状況なのです。近江プレミアム牛の特徴は、サシは無視した飼育方法で、どちらかといえば赤身重視の育て方をしています。なので格付けもA2がほとんどで、たまに血統がいたずらしてA3になる程度なのです。このランクでA5より仕入れ価格が高いんですから、いかにこの肉に価値を見出していただけるかポイントとなります。

IMG_8430

脂もこんな感じで真っ白ではなくクリーム色です。近江プレミアム牛のこだわりは、「但馬系の純潔近江牛を国産飼料だけで育てる」・・・ですが、これって僕は凄いことだと思っているのですが、食べ手にとっては牛のエサが国産だろうが輸入品であろうがどうでもよくって(たぶん)それよりも気になるのは価格なのかも知れません。

IMG_8431

安くていいものが作れればそれにこしたことはありません。しかしながら品質は価格に相当するのです。もちろん、高くてもおいしくなければ意味がありません。そういえば年末にお買い物してくださったお客様から、100g4000円のすき焼きのお肉を買ったのだがA5じゃなかった。とご連絡をいただきました。お客様は格付け=価格だと思われていたようで、しっかり説明させていただきご納得いただいたのですが、これってもしかすると他のお客様も思われてるのかなと・・・

格付けとおいしさは別物でして、あくまでも指標であり、ものさしであり、目安のようなものなのです。もちろんA5でもおいしい肉はたくさんありますし、そうじゃないものもあります。それはA2でもA3でも同じことなのです。

格付けにとらわれず、生産者も牛もストレスなく、おいしさにとことんこだわった牛づくりをしようと始めたのが近江プレミアム牛なのです。おかげざまで、毎回のように舌の記録を更新するがごとくすばらしい仕上がりをみせています。価格以上の品質をお約束させていただきます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛A1~A5食べ比べ会、参加者の反応はいかに!

「近江牛A1~A5食べ比べ ~糖尿人でもお肉を食べていいのです!」というなんとも魅力的なイベ

記事を読む

シェフとの連携でおいしさを生み出す

この写真だけで分かったら相当な肉フェチだと思うのです。実物見ても恐らく分かる人は少ないんじゃ

記事を読む

藤井さん違い

先週はフランスにいたので枝肉の買い付けができず、知り合いの問屋さんに一頭だけ買い付けてほしい

記事を読む

近江プレミアム牛、本日より出荷です

2001年のBSE発生以来、安全な牛肉を消費者に提供するため、日本では様々なBSE対策が行わ

記事を読む

食べ比べ4種セットもうすぐ販売

当店の近江牛(枝肉)の仕入れは、すべて私が行っている。 生産者との相対(直接取引)もしくは

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
父親間もなく引退

90歳近い父親。この8月で引退する。引退したくてするのではなく駅前

10月はcenciさんでコラボやります

料理人と料理人、食材と食材、いろんなコラボイベントがありますが

と畜解体と枝肉の捌き

ドンっ!牛の眉間にキャプティブボルト(屠畜銃)が打ちこまれる。

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 4月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031