*

近江プレミアム牛、ますますおいしく、そして際立ってきました

公開日: : 2016/01/18 近江牛, 近江プレミアム牛

IMG_8429

月1頭出荷の近江プレミアム牛ですが、飼料の高騰などの煽りを受けて来月より仕入れ価格がぐーんと値上がりします。ということは販売価格もスライドしますので値上げせざるをえない状況なのです。近江プレミアム牛の特徴は、サシは無視した飼育方法で、どちらかといえば赤身重視の育て方をしています。なので格付けもA2がほとんどで、たまに血統がいたずらしてA3になる程度なのです。このランクでA5より仕入れ価格が高いんですから、いかにこの肉に価値を見出していただけるかポイントとなります。

IMG_8430

脂もこんな感じで真っ白ではなくクリーム色です。近江プレミアム牛のこだわりは、「但馬系の純潔近江牛を国産飼料だけで育てる」・・・ですが、これって僕は凄いことだと思っているのですが、食べ手にとっては牛のエサが国産だろうが輸入品であろうがどうでもよくって(たぶん)それよりも気になるのは価格なのかも知れません。

IMG_8431

安くていいものが作れればそれにこしたことはありません。しかしながら品質は価格に相当するのです。もちろん、高くてもおいしくなければ意味がありません。そういえば年末にお買い物してくださったお客様から、100g4000円のすき焼きのお肉を買ったのだがA5じゃなかった。とご連絡をいただきました。お客様は格付け=価格だと思われていたようで、しっかり説明させていただきご納得いただいたのですが、これってもしかすると他のお客様も思われてるのかなと・・・

格付けとおいしさは別物でして、あくまでも指標であり、ものさしであり、目安のようなものなのです。もちろんA5でもおいしい肉はたくさんありますし、そうじゃないものもあります。それはA2でもA3でも同じことなのです。

格付けにとらわれず、生産者も牛もストレスなく、おいしさにとことんこだわった牛づくりをしようと始めたのが近江プレミアム牛なのです。おかげざまで、毎回のように舌の記録を更新するがごとくすばらしい仕上がりをみせています。価格以上の品質をお約束させていただきます。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

2011年10月16日のつぶやき

omigyucom / 近江牛.com|新保 吉伸料理マスターズブロンズ賞受賞のロレオール伊藤シェフ

記事を読む

融点が低いからくどくない?そんなことはないと思う

現在販売中の近江牛(橋場牧場)の評価がすこぶる良い。 格付けA3ではあるが、モモにもサ

記事を読む

霜降り肉は体にいいのか?

至福の時を演出する 霜降り肉(→クリック) 霜降り肉の魅力は「甘さ・柔らかさ・とろける食感

記事を読む

神戸bb9で坂井シェフの薪焼きに魅了された3時間は余韻をひきずりまくるほど幸せなひとときでした

看板がない、と思ったら・・・ よーく見ないとわからないほど小さかった(笑)

記事を読む

牛肉の高級部位ヒレは霜降りべったりではなくA3レベルが食べやすい

お客様からどうしても近江牛のヒレを食べたいと要望をいただいた。もしかしたらお客様のイメージは

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
A5もうまいけど僕はA2かA3がいいかな

久しぶりにA5の肉を食べた。焼かれてタマネギのジュレがかけられ

うを徳×サカエヤ×ワイナリー和泉屋コラボ会

明治の日本を代表する文豪、泉鏡花の『婦系図』のモデルとなった神楽坂の老

坂本(チェンチ)×新保(サカエヤ)×吉田(吉田牧場)×上田(うえと)コラボ会

うえとsalon&barで開催されたチェンチ坂本シェフと吉田さ

→もっと見る

  • 2019年7月
    « 6月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031