*

肉とチーズとワインの会 in クレメンティア

公開日: : 2015/06/25 イベント

IMG_5545

フロマージュ ドゥ ミテスの金剛丸さん、エーテルヴァインの江上さん、そして私の3人でコラボイベントを開催させていただきました。当初はお寺で開催するはずだったのですが、調理器具が必要なため、肉料理がネックとなり、今回はクレメンティアの田淵シェフにお願いした次第なのです。ダイジェストのような感じですが、当日の料理の一部をご紹介させていただきます。

IMG_5564

IMG_5563

木下牧場の近江プレミアム牛(ウチヒラ)を使ったカルパッチョ テートドモアンヌは完全なナマではなく火を通した絶妙な仕上がりです。

IMG_5557

豚の頭とウナギ ミモレット
豚の頭は入手が困難で、通常流通しているものは処理が雑なものがほとんどです。鼻がなかったり舌がなかったり喉肉がなかったりと、私も散々な目にあってきました。全国あらゆるところから仕入れても満足いくものがありませんでした。料理人の声も同様で、イタリアやフランスでの修行時代に覚えた料理を作りたいけど新鮮な豚の頭が入らないので・・・そういって諦めている方がなんと多いことか。

もちろん、妥協すれば入手は可能です。しかしながらレベルの高いものは流通ルートには乗らないのです。幸い私の場合は、入手可能なルートがたまたま見つかって新鮮なものを供給することが可能になりました。

IMG_5546

ミモレットとの相性がすごくよくて江上さんが合わせてくれた自然派のワインとも最高の組み合わせでした。

IMG_5561

ワインの背景を知って飲むのと、そうじゃないのとではこうも味わいが違うのかといつも思わされます。チーズもそうなのですが、私自身が詳しくないので説明を聞くと聞かないとかで味わい方まで変わるから不思議です。ただ注がれただけなら味わうというより液体の好みだけで判断しがちですが、造り手の人となりや葡萄畑の様子などを聞かされると、共感を覚えるというかおいしく感じるんですよね。いや、実際、江上さんが事前にきっちり打ち合わせて料理に合わせたワインを用意してくださったので、おいしいのには違いないのですが、それにしても・・・なのです。

IMG_5565

夏の牛すねスープアッペンツエラー
煮込んでアッペンツエラーと合わせているので、別に近江プレミアム牛を使わなくても大差ないのではと思わないでもないのですが、やっぱり違いますね。肉の力強さを感じることができました。牛すねの煮込み料理はいろんな牛肉で食べる機会が多いのですが、だからこそこの日の料理は違いがよくわかりました。

IMG_5567

近江プレミアム牛のウチヒラを使ったカツレツ グラティンブルー
カビの風味を楽しむためのブルーと個性の強い近江プレミアム牛のウチヒラが果たして合うのかと思いましたが、上品にまとまった見た目もキレイな料理に仕上がっていました。衣を1枚纏ったせいでしょうか、サクッとした食感のあとにくるはずのカビの強さが軽減されていたように思いました。私的にはこの料理がいちばんおいしかったです。

IMG_5568

田淵シェフお得意の牧草焼きです。木下牧場で刈り取った牧草を乾燥させて肉に香りをつけるのですが、牧草の出来具合によって風味が変わるからおもしろい。今回の収穫分は煎茶のような香りがしていました。

IMG_5562

断面からもわかるように、結構サシが入っていました。「次人」という友人の名前をつけた牛なのですが、赤身になるように育てても結果的にはサシが入ってしまう血統由来はどうしようもないのです。人間が操作するものではないので自然まかせにしているのですが、だからこそ私の役割も責任重大だと感じています。

IMG_5548

と畜後、枝肉になってからすぐに肉にしたとしましょう。おそらく重くて胃が疲れると思います。いくら木下さんの牛でもこれだけサシが入ればくどい確率が99%です。あとは食べ方を工夫するしかないのですが、私の場合は、30日程度かけて熟成させます。この場合は、ドライエージングではないやり方です。

IMG_5549

肉は骨を外した瞬間から酸化がはじまるので、私はサーロインのようにさほどスペースをとらない部位は骨付きで使っていただくようにしています。もちろん簡単に骨は外せませんのでノコギリで切ったりする方もおられますが、骨の形状さえ覚えれば、あとは経験だけなのでさほど難しいことではありません。

肉もチーズもワインも、背景を知ることでこんなにもおいしく食べられるのかと、改めて体験させてもらったイベントでした。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛の内臓をイルジョット高橋シェフが料理するとこうなった

今年最後の肉Meetsはイルジョットで締めくくりました。イタリアンの天才シェフが繰り出す内臓

記事を読む

愛農ナチュラルポーク半頭食べ尽くす会 in 膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり

昨年開催した獅子金(際コーポレーション)での肉Meetsがあまりにも好評で、参加していただいた方々か

記事を読む

肉Meets in ル・クロ・イグレック / Le Clos Y

2013年12月12日、ちょうど1年前になりますが大阪の有名フレンチ「ル・クロ」が本場パリに

記事を読む

ジビーフを食べる会 in Le14e

昼夜2部制で開催されたジビーフを食べる会Le14eですが、昼の部は飲食関係者が多く、さながら

記事を読む

新保が手掛ける肉の特徴

「Lawry's The Prime Rib」のローストビーフ[/caption] 久しぶり

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
サルメリア69×セジール コラボ会

新町さんの生ハムとサラミは機械(スライサー)で切るだけだからな

生鮮3品の存続は若者が憧れるような職業にならないと

僕が修行していた頃は、店内で枝肉を捌いている光景が普通だった。

Le Severo C’est excellent!

牛肉にしろ豚肉にしろ2通りの考え方があります。産地がどこだとか

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30