*

熟成肉のTボーンステーキが食べられますぞ

公開日: : 2013/12/05 熟成肉, イベント

IMG_0385

昨日は、駒沢のイルジョットですばらしいイベントが開催されました。

新保吉伸(サカエヤ)×折笠健(折笠農場)
「食の可能性を信じる会」

すごいタイトルでしょう。この日のイベントはいつもの肉Meetsではなく、グロッシーの北村貴さんが企画してくださいました。

私が用意したのは「近江プレムアム牛のウチヒラ」と「40日熟成のランプ」で折笠さんからは、自然栽培で作ったジャガイモ類、大豆をはじめとする根菜類をご用意していただきました。さらに、折笠さんの原料だけで作られた魯山人醤油とか、とにかくいったいどんな料理になるのか想像もつかない今回のイベント。天才高橋シェフのことだからガッカリすることはないと思っていたのですが、1皿目から私たちの想像をはるかに超えた感動の料理が続くのでした。

この日の参加者のみなさまには決意表明したのですが、来年は今年以上に料理人の方々にご協力いただいて新しいことにチャレンジしていきます。すでに、サルティンボッカの木村シェフ、イルジョットの高橋シェフには賛同していただいています。内容はまだ公表できないのですがすごく楽しみでおいしいことは間違いないのでどうぞご期待ください。

IMG_0390

さて、輸入条件の変更に伴い、アメリカンビーフの骨付き肉が解禁になりました。再びアメリカンビーフの骨付き肉が出回りそうですが、写真は鹿児島県産和牛ドライエージングビーフ(熟成)のTボーンです。おそらく黒毛和牛のTボーンでしかも熟成肉をTボーンにカットしているのは日本中探しても当店だけじゃないかな。もちろん、オーダーがあったからやらせていただいているだけで通常販売はしていません。

一度お試しでやらせていただき、お客様からすごく好評だったらしく定番商品としてグランドメニュー入りしたそうです。カットしながら何度「おいしいだろうな」と呟いたことか。

IMG_0419

こちらは、リブ側を間接に沿ってカットしたLボーンステーキです。かなりの迫力です。アメリカンビーフの骨付きと違って1ブロックが大きいので、どうしてもお店を選んでしまいますが、ご興味のある料理人の方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

7月24日南山にて「よみがえりのレシピ」上映会&「夢いっぱいに食の未来を語る会」

サルティンボッカの木下牧場ランプステーキは火入れが抜群!この厚さにして中はローズ色でしっかり火が通

記事を読む

13th 肉Meets in そむりえ亭はサプライズの連続だった

13回目となる肉Meetsは西心斎橋、いわゆるアメ村にある「そむりえ亭」で開催しました。アメ

記事を読む

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、完璧じゃないかなと思うほど艶めかしい仕上がりになりました

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、2週間目でほぼ仕上がった感じです。これ以上寝かせておくと水

記事を読む

国産熟成肉(モモ肉)のおいしい食べ方

国産熟成肉(モモ肉)のステーキという商品があり、かなりコアなお客様がついていたり、赤身フリー

記事を読む

ドライエージングビーフを極める

「牛肉は少し寝かせたほうがいい」 よく聞く話ではあるがいったいどういうことなのか?

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930