*

熟成肉のTボーンステーキが食べられますぞ

公開日: : 2013/12/05 熟成肉, イベント

IMG_0385

昨日は、駒沢のイルジョットですばらしいイベントが開催されました。

新保吉伸(サカエヤ)×折笠健(折笠農場)
「食の可能性を信じる会」

すごいタイトルでしょう。この日のイベントはいつもの肉Meetsではなく、グロッシーの北村貴さんが企画してくださいました。

私が用意したのは「近江プレムアム牛のウチヒラ」と「40日熟成のランプ」で折笠さんからは、自然栽培で作ったジャガイモ類、大豆をはじめとする根菜類をご用意していただきました。さらに、折笠さんの原料だけで作られた魯山人醤油とか、とにかくいったいどんな料理になるのか想像もつかない今回のイベント。天才高橋シェフのことだからガッカリすることはないと思っていたのですが、1皿目から私たちの想像をはるかに超えた感動の料理が続くのでした。

この日の参加者のみなさまには決意表明したのですが、来年は今年以上に料理人の方々にご協力いただいて新しいことにチャレンジしていきます。すでに、サルティンボッカの木村シェフ、イルジョットの高橋シェフには賛同していただいています。内容はまだ公表できないのですがすごく楽しみでおいしいことは間違いないのでどうぞご期待ください。

IMG_0390

さて、輸入条件の変更に伴い、アメリカンビーフの骨付き肉が解禁になりました。再びアメリカンビーフの骨付き肉が出回りそうですが、写真は鹿児島県産和牛ドライエージングビーフ(熟成)のTボーンです。おそらく黒毛和牛のTボーンでしかも熟成肉をTボーンにカットしているのは日本中探しても当店だけじゃないかな。もちろん、オーダーがあったからやらせていただいているだけで通常販売はしていません。

一度お試しでやらせていただき、お客様からすごく好評だったらしく定番商品としてグランドメニュー入りしたそうです。カットしながら何度「おいしいだろうな」と呟いたことか。

IMG_0419

こちらは、リブ側を間接に沿ってカットしたLボーンステーキです。かなりの迫力です。アメリカンビーフの骨付きと違って1ブロックが大きいので、どうしてもお店を選んでしまいますが、ご興味のある料理人の方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

牛肉サミット2013 プレイベント「静のサミット」

受付は藤井牧場さんと後藤牧場さん[/caption] 牛肉サミット2013が終わった。・・・

記事を読む

赤身肉をよりおいしく、技術と知識とガストロノミー

  明日からの年末年始の出荷ラッシュを迎えて、40日のドライエージングを経た

記事を読む

茂野シェフの熟成肉の扱い方、火入れはすばらしかった!

  熟成肉を焼く時は、熱したフライパンに肉を入れ、両面焦げ目がついてからオー

記事を読む

ドライエージングビーフにもストーリーが必要だと思うのです

日本初上陸の「ウルフギャング」へ行ってきた。ニューヨークやワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズ

記事を読む

肉Meets in 完全放牧野生牛 × イルジョット

イルジョットで修行中のきたやま南山@楠本社長の次男。母との久しぶりの対面もイルジョットスマイ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年5月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031