*

熟成肉の販売について

公開日: : 2020/04/23 熟成肉

2月には50頭分のロースやモモが熟成庫で出荷を控えていたのですが、コロナの影響で行き先がほとんどなくなりました。熟成期間は40日を目安にしていまして、仕上がり具合で50日、60日と延長していきますが、こんなときに限ってきっちり40日で仕上がってくれるものだから一時は焦りました。緩やかな熟成速度になるようあれこれ調整しながら、店頭で販売したり友人知人のみなさまにご購入いただいたりで残り20頭になりました。あまりにも熟成が進みすぎているものは自分たちで食べるのですが、それ以外にも、毎日の試食は欠かせないので、今日も朝から切っては焼き、食べの繰り返し。お昼頃には600g程度を試食しているので腹パンで賄い食えず。

昨年、肉塾なるものを北村貴さん率いるグロッシーのみなさんとやらせていただき、今年も応募者が規定数に達したため開催するはずでした。が、現状難しく、来年に持ち越しとなりました。料理人や料理家さんなど、おもしろいメンバーが参加してくれたおかげで、僕自身も学びが多くあり、なによりも正しい情報と知識、技術を短期間でしたが少しはお伝えできたのではないかと思っています。

参加者のなかには、誇張でも大袈裟でもなく人生かけて参加してくださった方もいました。その方へ今日も熟成肉を送ります。かなり良い感じで仕上がりました。ご商売をされているので、きっとご購入くださるお客様も喜ばれると思います。

大量注文は0775637829へお電話ください。ご家庭用は下記よりお願いいたします。

http://www.omi-gyu.com/fs/omigyu/jyukusei/1m13

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

和牛経産の骨付きロース2種、ドライエイジングと吊るしの評価はいかに

リブとサーロインをノコギリで切断するので断面が汚れていますが赤身が詰まった良いお肉です。これ

記事を読む

フランス産のバザス牛を吊るしとドライエイジドで短期熟成してみた結果はいかに

フランスで有名な牛肉といえば、シャロレーやリムーザン、ブロンドダキテーヌ、バザスあたりでしょうか。私

記事を読む

国産熟成肉(モモ肉)のおいしい食べ方

国産熟成肉(モモ肉)のステーキという商品があり、かなりコアなお客様がついていたり、赤身フリー

記事を読む

注目のドライエージングビーフ(熟成肉)いよいよ全国放送へ

来年の1月にあるテレビ番組で木下牧場の特集が組まれることになった。 木下牧場の「牛肉」

記事を読む

熟成肉とドライエージングビーフの違い

先日の肉Meets in 山下ワイン食道さんで参加者が絶賛した熟成肉(手前)は、鹿児島県産の

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31