*

買い叩かれる経産牛なんて直取り引きだけで再肥育をしっかりしてやれば価値ある肉として生まれ変わる

公開日: : 2019/12/04 肉牛の品種, 牧場・生産者, コラム

牛肉として価値がない
とか、
市場で買い叩かれる
とか、

たくさん子供を産んだお母さん牛は、やせ細って肉量がとれません。なので商品化しにくい。いま世の中に出回っているお母さん牛、いわゆる経産牛のほとんどが6ヶ月程度再肥育して価値をつけています。価値というとたいそですが早い話が売れるようにするための手段です。再肥育しないと、あまりにも痩せた牛は高値で売れるロースでさえミンチや加工品にするしか使いみちがないのです。

だから、最近一部の方が言ってるような、再肥育した経産牛は、牛肉として価値がないとか、市場で買い叩かれるとか、そんなことはないのです。もちろん未経産の牛に比べれば安価で取り引きされますが、そもそも比べるものでもないし、まったく違うカテゴリーです。買い叩かれたり、廃棄されたりとか、、そんなのは昔の話。しっかり再肥育された経産牛はそれなりの価格で取引されているのです。

本当に買い叩かれるのは、子供を8産とか9産し、なおかつ再肥育していない牛です。これさえも僕から言わせれば、買い叩かれるという表現はちょっと違うと思います。たしかに値段がつきにくいですが、僕がいつも言うように『手当て』してやればおいしくなってくれますし、ストライクゾーンは狭いですが、需要はあるのです。

再肥育しても、しっかり手当てされていない肉は硬くて味が抜けていることがほとんどです。そういう経産牛を一度でも食べた方にとっては、イメージはよくないでしょうね。また、そういう方が発信する言葉が一次情報となり、さらに加工され二次情報となり、牛肉として価値がないとか、市場で買い叩かれるとか、あるいはサステナブルがどうとか、そんな薄っぺらいものではないんですけどね。どんな仕事でも奥の奥、裏の裏がありますから。

 

 

 

 

 

左から再肥育した黒毛経産和牛のイチボ、再肥育なしのブラウンスイス牛のイチボ、同じくカイノミ。柔らかい→硬い→めっちゃ硬いの順番。街のビストロはこういうのがおもしろい。

 

@メッシタ パーネ エ ヴィーノ

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今年も一年ありがとうございました。来年もガハハと笑って行きましょう!

今年を振り返る暇もないほど忙しい年末を過ごさせていただいております。店舗がごった返す31日は

記事を読む

目黒ラッセにてフレッシュなウチヒラを堪能する

◯◯(店名)と同じ肉を仕入れたいのですが、、という問い合わせが結構な頻度でありますが、会話を

記事を読む

ブランドや格付け、生産者名で肉が売れる時代は終わりに近づいている

うちの店で格付けを気にしながら買い物されるお客様は僕が知ってる限りいないと思う。商品プレート

記事を読む

新年あけましておでとうございます!

肉がよければ何も余計なことをしなくてもいいんです。そのままで十分おいしいんですから、寝かせた

記事を読む

愛農高校から木下牧場まで2日間の産地訪問

「なぜこれらの肉はおいしいのか?」という問いかけに私自身がお答えするのは簡単なのですが、それ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
2019年Google検索ランキング 47都道府県別ランキング【Google調べ

Googleは、2019年Google検索ランキングを12月1

渡邊理奈シェフ×石井まなみシェフコラボディナー

ラッセ渡邊理奈シェフと神戸カセントでスーシェフとして8年務め現

シンプルな一皿から浮かぶ阿蘇の草原

何も語る必要はない。目の前に出された皿はシンプルだけど阿蘇の草

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 11月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031