*

テーマは吉田牧場、ブラウンスイス牛に悪戦苦闘中

いよいよ今週、某所で開催されるイベント。テーマは「吉田牧場」僕が依頼されたのはメインの肉。シェフと何度も打ち合わせをし、メニュー作りにも参加させてもらった。毎回シェフの緊張感がヤバい。ヤバいのはシェフだけじゃない。今回に限っては僕も心配だらけで、まずレストランへ行ったことがない。これは行きたくても行けない理由があるのだが、それよりもイベントに使うブラウンスイス(10/15屠畜で11歳で7産のスキップ)の仕上げに時間が足りないのがもっとも僕の不安を後押しする。あと20日あれば理想の仕上げができるのだが・・・うぅ

水分調整しながら7日目に熟成庫へ移し今日で19日目。ドキドキしながら試食。硬い、、、硬すぎる。繊維が開いていない。薄くスライスしてチーズと合わせると、噛みしめるごとに肉の味が染みる。経過をシェフに電話して、また悩む。シェフはシェフでスネやネック、内臓で試作を繰り返している。プラチナシートなので僕は参加する予定はなかったのだが、心配で死にそうなので急遽席を作ってもらった。

食べるのは一瞬だが、その一瞬にかける時間や労力たるや、、みなさんが食べてる一皿にいったい何人の人が関わっているのかと思うと手を合わせたくなる。ごちそうさまは漢字で『御馳走様』と書きますが、そういうことなんでしょうね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

MESEBABARDOR with SAKAEYA=誰の真似でもない今までの経験とその土地からしか生まれない一夜限りのレストラン

この男、本番が近づくにつれ言葉数が少なくなった。着替えを済ませて歯を磨き髪をセットした。そし

記事を読む

YvesーMarie Le Bourdonnecから前脚(ウデ)到着

YvesーMarie Le Bourdonnecから届いた前脚(ウデ)。東京経由で受け取り、

記事を読む

次人くんを食べる会 in イルジョット

30日以上経ちますが、表面にうっすらとカビが確認できます。ドライエージングではなく、枝肉吊る

記事を読む

サブール・ド・ラ・メールでランチ交流会

当初は5~6人で伺う予定だったサブール・ド・ラ・メールのランチ会。あれよあれよと参加

記事を読む

フェスティヴァンin京都で近江プレミアム牛が食べられる

やっぱりというか、レベルが違う。国産飼料だけで育てた近江牛(近江プレミアム牛)ですが、それだ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
リストランテ・マッサでラッセ×マッサ

かつてフジテレビ(料理の鉄人)で、第4の鉄人として活躍された神戸勝

良い肉は良い脂と肉質

ジビーフのLボーン、良質な脂と肉質は触ればわかる 11月も半

経産牛、沖縄へ

〜ストーリーに味を乗せて〜 2005年10月14日、久米島の翁長

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 10月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930