*

肉を触り肉を捌いて

公開日: : 2019/03/18 コラム

和牛は雌がよい。血統は但馬系がよい。枝肉の右側より左側がよい。丁稚のころから聞かされてきたことだが実際はどうなのか?

毎日のように牧場へ通い牛を観察して、その牛の肉を触り、ようやく見えてきたことがある。生産者はストレスなく健康的に育ててると言うけど果たしてホントなのか?生産者の自己満足じゃないのか。それとも牛に聞いたのか。内臓や肉を見れば分かることがある。

丁稚のころはいまのように格付けがなかったのでA5に熱心な方もいなかった。特選、極上、特上、上、並、を頭につけて販売していた記憶があるが、そこを深堀する人もいなかった。

ここ数年、銘柄より生産者の名前を付けた個人ブランドがトレンドのようだ。山本さんが育てた牛なら山本牛だ。独自の配合飼料で差別化したり、あえて格付けにこだわらないことで価値観を見出したり、戦略的な若手の生産者も増えてきた。営業まで積極的にこなすから問屋はたまったもんじゃない。餅は餅屋に任せればいい。

どちらにしても個人ブランドが成り立つには買い支えるネットワークやコミニュティが必要だ。しかし、生産者が勘違いして欲を出した時点で終わる。築城10年落城1年。肝に銘じたい。

藤井牧場さんの経産牛139ヶ月齢。藤井さんは何も語らないが肉がモノをいう。ココロに沁みる肉はきっとストレスなく育ったに違いない。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

目黒ラッセにてフレッシュなウチヒラを堪能する

◯◯(店名)と同じ肉を仕入れたいのですが、、という問い合わせが結構な頻度でありますが、会話を

記事を読む

食の楽しみ方はまずは健康であること

国産の羊肉は絶対量が少なすぎてなかなか回ってこないのですが、今回は武藤さん(茶路めん羊牧場)

記事を読む

生涯現役、肉屋しか知らない父親の勇断

うちの父は80歳だが先月まで母と2人で駅前商店街の一角で肉屋をやっていた。数年前からマンショ

記事を読む

霜降りがおいしくなくなった理由

霜降りは最近年のせいかあまり食べられなくて・・なんて声をよく聞きます。確かに年のせいも多少は

記事を読む

ナチュラルな流れのなかで感じたこと

メツゲライクスダ@楠田さんに作ったいただいた【テリーヌ ド ジビーフ オン ジュレ/ジビーフ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
no image
7月27日発売の書籍の予約がはじまりました

昨日あとがき書いたばかりですが、7月27日発売の書籍の予約がはじまりま

温度コントロールによる肉の温かさ

レオナルド・ダ・ヴィンチは馬の彫刻を作るために、何頭もの馬を解

マッキー牧元&新保吉伸のブリアンツァ会

携帯電話も繋がらない。野生の王国に人間が住まわせてもらっている

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30