*

肉に対する価値について

公開日: : 2017/02/25 コラム

入荷したばかりのジビーフ「コナン(26ヶ月令♂)」ですが、ほとんどの部位が完売しています。リブはAシェフ、サーロインはBシェフ、ウデはCシェフといった感じです。使いにくい部位は無理やり売ることはせず私がおいしくいただいております。こんな感じで1頭が捌けていくのですが、先日伺った東京のお鮨屋さんで聞いた鮪の話しに似ています。上物の鮪は背ナカはA店、背カミはB店、腹ナカはC店、腹カミはD店といった感じで昔から決まっているんだそうです。A店が廃業でもしない限り背カミは他の人には回らないといった暗黙の了解みたいなものがあるそうです。魚の世界は良く分かりませんが、養殖ものより天然ものがありがたがられ、牛は天然より養殖がありがたがられ(笑)… とは言うものの牛に天然はいないわけでして、しいて言うならジビーフが天然に近いと思ったりするわけです。

さて、そのジビーフですが、どこかでお聞きになったのか、はたまたネットで調べたのか、そこそこの件数、お問い合わせをいただきます。ちなみに当店で問い合わせを一番多くいただくのが豚血ですが、既存のお取引先のサービス的な位置づけなので豚血だけのご注文はお断りしております。

話しがあっちこっち飛びますが、ここ最近のジビーフは本当にピュアな味わいが際立ってまして、特に脂質がすばらしいのです。写真は先日「草喰なかひがし」さんで頂いたコナンくんのウチヒラですが瑞々しくて旨味もあり、チーズとの相性も抜群でした。

ちょうど2週間前のことです。東京のあるレストランのシェフからジビーフの問い合わせがありました。ジビーフの存在は知っていたが出荷数が少ないことも聞いていたのでという気にはなっていたのですが・・・という内容からはじまり30分くらいお話ししたかな。牛肉に対する価値観が共通するところがあり、実際にお会いして話してみたいと急遽東京へ。他にも所用があったので30分ほどで退散する予定がなんと3時間も話し込んでしまったのです。なんかお互い楽しくなってしまって、こういうシェフがいるんだなぁと出会いに感謝したのです。

とはいうもののジビーフを触ったこともなければ焼いたこともないので、とりあえず触ってもらおうと来週改めてお店に伺うことになったのですが、せっかくなので愛農ナチュラルポークや他の肉も焼いてもらおうと厚かましくもリクエストしたのでした。

しかし、肉に対する見方というか価値は人それぞれだなと改めて思いました。いわゆるA5でサシがたくさん入った肉に価値を見出す人も入れば、ホルスタインに価値を見出す人もいるわけです。どれが正解なんてないのですが、自らの技術と道具、そして好みでハッキリ分かれるのが価値観だと感じた次第です。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

様似は気温15度、ジビーフ眺めながらゆっくり時間が過ぎて行く

今に始まったことじゃないんですけど「新保さんは牛も飼ってるんですか?」ってよく聞かれます。「

記事を読む

肉の味は数字では表せない、ましてや・・・

肉の味は品種(和牛とか乳牛とか)、月齢、種別(雌、去勢、経産)、格付け、飼料で決まります。が

記事を読む

健康な育て方=おいしい牛肉だとは限らない

精肉の仕事をしてもうすぐ40年になります。不器用ながらも一つのことをやり続ければなんとかなる

記事を読む

「適サシ肉」とは適度なサシの肉という意味で脱霜降りではないのです

産経新聞に私のコメントも掲載されていたので少しこの話題に触れたいと思います。 元ネタは

記事を読む

シェフの好みに合わせた牛肉

シェフとやり取りしながら肉を手当てしていくのですが、毎回悩みます。水分量、脂と赤身の比率、フ

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2022年1月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031