*

東海大学産あか牛の内臓がめちゃくちゃきれい

公開日: : 2019/02/17 あか牛

熊本東海大学で生まれ育ったあか牛が2/13屠畜され肉になった。生き物から食べ物に変わり、まずは内臓が届いた。枝肉は格付け後に届くので今日あたりトラックに揺られてやってくるだろう。内臓を見ればどれだけ健康に育ったかがわかる。よどみのない肝臓、余分な脂がない大腸小腸。すばらしい!来週あたりにもつ鍋セットと焼肉セットを作って販売します。ほんとにすばらしい。

今回のあか牛は、一産したお母さん牛で、生体480kgでした。3月18日開催予定の東海大学学長の推薦事業「Quality of life」セミナーと阿蘇キャンパス内の実習教室の新築完成を機に、熊本地震後の東海大学の存在を阿蘇地域を含めた地元の皆様へのお披露目のイベント用として僕が手当てします。熟成させるのですが香りはつけないでほしいとの要望があるので頭を悩ませないといけない。しかも参加予定人員は80〜100名なのでちょっと大変。料理はリストランテ・ミヤモトの宮本健真シェフ。もっと大変(笑)

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

橋村さんが育てた阿蘇の草原あか牛

ロースが骨付きで16.4kgなのでかなり小さな牛だったことがわかります。橋村さんが阿蘇郡南小

記事を読む

ル・ルビーで肉とワイン会

私の昔からの福岡在住の友人&INUWine梅田さんの友人でコラボ会。愛農ナチュラルポ

記事を読む

石垣島からあか牛が間もなく到着

琉球大学農学部と八重山農林高校のあか牛プロジェクト。熊本の東海大学から譲り受けた3頭のあか牛

記事を読む

熊本東海大学育ちのちかこさんがやってきました

熊本の東海大学農学部阿蘇キャンパスで育ったお母さん牛のちかこさん

記事を読む

阿蘇のあか牛、ナチュラルからよりナチュラルへ。すばらしい肉質です

阿蘇の草原で一年中、草だけを食べて育つあか牛。橋村さんが立ち上げたプロジェクトは野草地を利用

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
肉を触り肉を捌いて

和牛は雌がよい。血統は但馬系がよい。枝肉の右側より左側がよい。

生食の提供について

タルタル、ユッケを提供している飲食店を多くみかけます。雑誌で見るこ

肉Meets in 旧原田邸(岡山倉敷)=サカエヤ&セジール大移動

数年前にきたやま南山にて三宅商店の辻さんとタルマーリーの渡邉さ

→もっと見る

  • 2019年3月
    « 2月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31