*

おいしい牛肉を手に入れるには情報と人脈

公開日: : 2018/10/31 イベント, コラム

過日、草原あか牛『eco beef』セミナーが開催された。前後のスケジュールを詰め込みすぎたため体が悲鳴をあげていたが、参加者のみなさま、特に生産農家の方々の熱心さに大いに刺激を受けたのでした。

数ヶ月前、熊本のあるレストランで食事をしたのですが、メインは鴨だった。シェフに聞くと牛肉もやるがあか牛はやらないとのこと。理由はおいしいあか牛がないから。じつは僕も同じことを思っている。

すべては人間がすること。牛にはなんの罪もない。育て方も正直見えない部分なのでよくわからない。愛情だ、エサだ、なんとかだと言ったところで毎日見ているわけじゃないのでわからない。数年前、ある生産者が牛を虐待しているところを見てしまった。ショックだった。それ以来、生産者の言葉に構えてしまうようになってしまった。

僕の仕事は、生き物から食べ物になった「その後」をしっかり手当てすること。肉の能力(おいしさ)を発揮させるのは間違いなく手当て(保存)です。

肉は、品種、血統、エサ、育て方である程度の良し悪しが決まりますが、味を左右するのは手当てです。僕が言う手当てとは、熟成、真空パック、ミートペーパー、ミートラッパー、冷蔵庫の種類、温度管理、等々、、まだまだありますが、肉に適した「保存」のことです。

あか牛の話に戻りますが、しっかり手当てされたあか牛はおいしいと思うのです。しかし、流通されているあか牛は屠畜から真空パック処理まで10日以内、つまり変色しない期間にやってしまいます。あか牛に限らずですが、これでは肉が持つ能力が発揮されないまま味の賛否となってしまいます。

話が飛びますが、スーパーの肉がおいしくないのは見た目重視だからです。繊維が開くと(わかりづらい表現ですが)どうしても変色してしまいます。熟成も同じですが、スーパーで変色した肉を買う人はまずいないでしょう。たまに腐った肉に割引シールを貼ったパック肉を見かけますが、これは買う買わない以前の問題です。

では、おいしい肉はどこで買えるのか。情報を追いかけ自分で探す、または信頼できる方から聞く、それが確実だと思います。

やまけん(山本謙治)さんの著書、炎の牛肉教室をぜひおススメします。特に料理人、料理家の先生に手にとっていただきたいです。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉Meets 11月は3回開催します

生産者の顔は知っているけど消費者の顔は知らない。ふとそんなことを考えながら始まったのが肉

記事を読む

京都祇園 時菜 今日萬にて 中島武 × 新保吉伸

一昔前は「特選」とか「極上」といった表記が目立ったが、不当表示になる恐れがあることから使われ

記事を読む

脂の溶ける温度、融点が低いからサシ肉がたくさん食べられるということでもないと思うのです

先日のセリで購入した近江牛。いつもはA3狙いで枝肉を選定するのだが、サシの多い和牛で育った私

記事を読む

びわここだわり弁当予約販売開始

今年の3月12日に発売予定だった産学連携プロジェクト、びわここだわり弁当が 震災の影響で延

記事を読む

ELEZO 佐々木 章太×サカエヤ新保吉伸 一刀両断2人会

毎年、年初になると「佐々木さん、今年はなにか一緒にやりましょうか」とおめでとうがわりの第一声

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
岡山の料理人たちとブラウンスイス牛

鞍下(肩ロース)はすき焼き&しゃぶしゃぶ、ネックは切り落としか

domaine tetta × SAISIRコラボディナー

domaine tettaの高橋さんとのコラボ会は過去に神楽坂

MESEBABARDOR with SAKAEYA=誰の真似でもない今までの経験とその土地からしか生まれない一夜限りのレストラン

この男、本番が近づくにつれ言葉数が少なくなった。着替えを済ませ

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930