*

domaine tetta×イルジョット×サカエヤ

公開日: : 2018/10/06 イベント

岡山県北西部、新見市哲多町にあるdomaine tetta。僕としては同一場所を3回も訪問するのは珍しく、いままでご縁がなかった岡山が急に近くなりました。いつも冨士麺ず工房の波夛さんに送り迎えをしていただき、道中こそが学びの場であり楽しいのです。コースは冨士麺ず工房の工場見学からはじまり、一番距離のあるdomaine tetta、そして少し戻って吉備高原の吉田牧場さんへ。吉田牧場産ブラウンスイス牛とチーズで大パーティです。そしてワインはdomaine tetta。とまぁこれがすこぶる上機嫌なんです。

domaine tettaでは、食事スペースもあるのでイベントやりたいよね、という話で盛り上がり、このとき隣にいたイルジョット高橋シェフが必然的に巻き込まれるといういつものパターン(笑)

てことで、domaine tetta×Il Giottoは来年のお楽しみとして、まずはイルジョットにtettaの高橋さんを招いての会が開催されたのでした。せっかくなので岡山尽くしで行きましょうと、吉田牧場さんのブラウンスイス牛と波夛さんの麺も加わり、まさに岡山ワールド全開となったのです。

当日は、セジールの井手さんがお手伝い。良い経験になったようです。環境を変えることは刺激になって学びも多く、僕もどこかで研修したいくらいです(どこも受けてくれないでしょうが)

写真が良くないですが、ブラウンスイス牛のハツ(左)とタンです。

30日熟成させたサーロインが最高の状態で食べることができました。 tettaのワインとの相性も抜群です。

この日のワインたち。

波夛さんの麺もスペシャルすぎておいしいです。伝えたいことは山ほどありますが少しずつ時間のあるときに追記していきます。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

世界の豚肉を食べ尽くす

私は幼いころから牛肉で育ったので、豚肉や鶏肉を自分の意志で口にしたのは30歳を超えてからなの

記事を読む

フェスティヴァンin京都で近江プレミアム牛が食べられる

やっぱりというか、レベルが違う。国産飼料だけで育てた近江牛(近江プレミアム牛)ですが、それだ

記事を読む

渡邊シェフの薪焼きに酔いしれた肉Meets in Vaccarossa

いつだったか赤坂のバッカロッサを訪ねたときのこと。渡邊シェフと15時に約束をしていたので30

記事を読む

京都ジビエ会議~日本のジビエの現状と未来&肉Meets

ここ数年、非常に注目を集めているジビエ。特にジビエの季節ともいえる冬になると雑誌に特集が組まれたりし

記事を読む

いわての安全安心な食を豊かに味わう会

岩手の前沢にあるフレンチ「ロレオール」の伊藤シェフは、 全国から被災地に集まる料理人たちを

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
自分の歌い方で歌え

テレビも見ないし音楽も聞かないのですが、桑田佳祐ひとり紅白歌合戦は毎年

食べ手について

生産者がいて料理人がいて食べ手がいる。まぁそうなんですが、フー

京都祇園 時菜 今日萬にて 中島武 × 新保吉伸

一昔前は「特選」とか「極上」といった表記が目立ったが、不当表示

→もっと見る

  • 2018年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031