*

domaine tetta×イルジョット×サカエヤ

公開日: : 2018/10/06 イベント

岡山県北西部、新見市哲多町にあるdomaine tetta。僕としては同一場所を3回も訪問するのは珍しく、いままでご縁がなかった岡山が急に近くなりました。いつも冨士麺ず工房の波夛さんに送り迎えをしていただき、道中こそが学びの場であり楽しいのです。コースは冨士麺ず工房の工場見学からはじまり、一番距離のあるdomaine tetta、そして少し戻って吉備高原の吉田牧場さんへ。吉田牧場産ブラウンスイス牛とチーズで大パーティです。そしてワインはdomaine tetta。とまぁこれがすこぶる上機嫌なんです。

domaine tettaでは、食事スペースもあるのでイベントやりたいよね、という話で盛り上がり、このとき隣にいたイルジョット高橋シェフが必然的に巻き込まれるといういつものパターン(笑)

てことで、domaine tetta×Il Giottoは来年のお楽しみとして、まずはイルジョットにtettaの高橋さんを招いての会が開催されたのでした。せっかくなので岡山尽くしで行きましょうと、吉田牧場さんのブラウンスイス牛と波夛さんの麺も加わり、まさに岡山ワールド全開となったのです。

当日は、セジールの井手さんがお手伝い。良い経験になったようです。環境を変えることは刺激になって学びも多く、僕もどこかで研修したいくらいです(どこも受けてくれないでしょうが)

写真が良くないですが、ブラウンスイス牛のハツ(左)とタンです。

30日熟成させたサーロインが最高の状態で食べることができました。 tettaのワインとの相性も抜群です。

この日のワインたち。

波夛さんの麺もスペシャルすぎておいしいです。伝えたいことは山ほどありますが少しずつ時間のあるときに追記していきます。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉Meets in パリ

じつは 5月13日、パリ15区モンパルナスにある「Le CLos Y」(ル・クロ イグレック)

記事を読む

値段が高いから品質が良い、または「おいしい」とは限らない

人前でお話しするようなガラでもないのですが、たまに講演みたいなことをさせていただいております

記事を読む

㐂邑さんがお鮨を握って高橋シェフが肉を焼いて58歳が涙したすばらしいバースデーでした

数日前のことです。駒沢のイルジョットで友人を騙そうということで・・・。 3ヶ月前に友人知人

記事を読む

吟撰但馬系「プレミア近江牛」お披露目会

10年後の畜産業界を担うイベント 私は今回の吟撰但馬系「プレミア近江牛」お披露目会は、

記事を読む

食農連携のあり方について語り合うランチ交流+農家見学 in 舞鶴

平かしわを捌くお母さんたち。 舞鶴で本格フレンチを味わいながら、食農連携のあり

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
東海大学産あか牛の内臓がめちゃくちゃきれい

熊本東海大学で生まれ育ったあか牛が2/13屠畜され肉になった。

屋台のフレンチシェフのための十勝若牛

すべて十勝若牛です。肉質、水分量から30日後の姿を想定して仕上

正々堂々としたタルタルを堪能する

きっかけはなんだったのか、、いくら考えても思い出せない。僕から

→もっと見る

  • 2019年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728