*

真夏でも真冬でも完全放牧ジビーフ

公開日: : 2018/09/02 ジビーフ(完全放牧野生牛)

「放牧系の牛を分けて欲しいのですが」という問い合わせが多い。メールもやらないし電話もでないので、うちのスタッフが対応しているのを聞いてて、まともな感じだったら変わってもらって少し話す程度。取引につながることもほとんどない。さっきも電話があって、うちの事務員が対応していたのだが途中でかわった。

いま使っている牛が放牧系なので他にも放牧系を探しているとのことだった。よく話を聞くと、いわゆる放牧もどきの牛だった。よくあることだ。こうなると面倒くさい。熟成肉と同じで、外で日向ぼっこさせてるだけでも放牧させてるという生産者がいるのでややこしい。たしかに放牧ともいえるが、できればお散歩と言ってほしい。

さて、あまりご存知ないかも知れませんが、日本で放牧で牛を飼っている人は少ないのです。僕がいう放牧とは季節放牧や時間制限放牧ではなく、365日真冬でも真夏でも雨の日も雪の日も牛舎に入らず山や野で暮らす完全放牧のことです。

ジビーフは完全放牧です。全て牛まかせですが、けっして楽ではありません。ほったらかしなので楽だと思われがちですがとんでもない。舎飼いのように一頭一頭を管理できないので日々の状態がわかりにくく、決められた時間に餌をやるわけでもないので、いったいどれだけ餌を食べたのかも分からない。熊に襲われる危険性もあり事故も起こりやすいのです。

放牧がよくて舎飼いがよくないというわけではありません。双方にメリット、デメリットがあります。ただ、売りやすいのは断然舎飼いの牛です。手当ても楽です。ジビーフは難しい。でも楽しくて仕方がない。使った人ならわかると思います。食べた人ならわかると思います。この味を知ってしまったら、だらしなく脂にまみれた肉は食べられない。味が抜けた赤身肉も食べられない。

覚悟を決めて命がけで完全放牧の道を選んだ生産者。だからこそ焼き手も食べ手も選びたい。生意気ですみません。

8/21屠畜のジビーフ、2週間で仕上げて余市へ。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、完璧じゃないかなと思うほど艶めかしい仕上がりになりました

ジビーフ『ババくん』のサーロイン、2週間目でほぼ仕上がった感じです。これ以上寝かせておくと水

記事を読む

ジビーフの大移動は歩道を歩かせ2時間の牛歩で無事完了

ジビーフの出荷を今月に予定していたのですが、先日の『ジビーフの里視察ツアー』の時に、木下牧場の幸

記事を読む

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

ジビーフが入荷、さっそく販売スタートさせていただきました

テレビや新聞で報道されてから問い合わせが殺到していたジビーフですが、33頭しかいないので大量

記事を読む

食材と料理人との相性

近江プレミアム牛のロース(サーロイン側)です。23ケ月齢で出荷しました。和牛でこの月齢出荷は

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
BSEの教訓を活かして

久しぶりにAmazon prime videoで震える牛を観た。BSE

吉田牧場さんのブラウンスイス牛、本日より販売スタート

サカエヤのお客様は県外の方もたくさんいらっしゃいます。行きたくてもいけ

スペシャルなミンチ販売します

言いたいことは山ほどある。政治、和牛券、保障・・。でもね、いま

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930