*

愛農ナチュラルポーク、試験的に滋賀の食肉センターで屠畜解体

公開日: : 2018/06/05 愛農ナチュラルポーク

昨日、トラックから豚を降ろすのに手こずった。スゴイ声で泣き叫ぶ4頭の豚たち。自分たちがこれからどうなるのか頭の良い豚は分かっているに違いない。なだめながら降ろした。そして今朝・・・

肉となった愛農ナチュラルポークを引き取りに行ってきた。昨日と同じ場所へ。20代の頃から屠畜場へ出入りしていたのでこういう場面には慣れているものの豚の鳴き声が耳から離れない。でも、これが現実。目の前の肉をおいしくしてやることが僕の仕事であり責任。

だから屠畜以外の解体はすべて僕がやった。内臓は食肉センターで働く僕の後輩が他の豚と混ざらないように仕分けしてくれた。牛の内臓に比べれば驚くほどコンパクトだ。オゾン水できれいに洗った。愛農高校でこの豚たちを見て、屠畜の現場に立ち会い、そして今、目の前に肉があり内臓がある。

最後の処理からカットも僕がやった。関西育ちの僕は豚の内臓は食べない。どうあがいても牛には敵わない。でも、食べないわけにはいかないので焼いてみた。正直驚いた。愛農ナチュラルポークの内臓はこれほどうまいものなのかと。愛農高校出身の了平にも食べさせた。豚のような雄たけびをあげて「うまい!」と叫んだ。「やまかしい!」と一喝。

この2日間、かなり疲れた。そこまでやらなくてもいいという気もしないでもないが、おいしさを追求するとしんどいことをやらなければ手に入らない。

さて、愛農ナチュラルポークの内臓ですが、頭は毛を焼く処理が時間的に難しく今回は食肉センターに置いてきた。レバーやハツは某シェフの元へ。おそろしくうまい小腸、大腸、ギャラは一般販売させていただきます。

愛農ナチュラルポークホルモン(味付けなし)

愛農ナチュラルポークホルモン(味付けあり)
たれは僕が作りました。余計なものは入れてませんが味噌ベースなので濃厚ちょい甘です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラルポークの入荷は5月14日今回は3頭です

Joel Robuchonのフィレ。[/caption] ゴールデンウィーク最終日、店舗も昨

記事を読む

【入荷情報】木下さんの近江牛と愛農ナチュラルポーク

豚肉は身近でポピュラーな食材ですから食べる機会も多いと思います。しかしながら、牛肉にこだわっ

記事を読む

dancyu(ダンチュウ) に掲載中の「愛農高校養豚部物語」ぜひお読みください

現在発売中のdancyu(ダンチュウ) に「愛農高校養豚部物語」が掲載されています。私も取材

記事を読む

肉の状態を見極めて保存方法を変えてみる

先日、西麻布の龍眉虎ノ尾で際コーポレーションの中島社長の料理を堪能し、その際に愛農ナチュラル

記事を読む

愛農ナチュラルポーク50期のプロジェクトは飼料米

昨年度の愛農高校養豚部49期のプロジェクトは「放牧」でした(→) 昨日、研修中の了平(

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
今年最初の有機JAS認定牛 ジビーフ「あつし」入荷

先日食事に伺った某店の大将、御年72歳。たった一人で仕入れから

Bistrot Or en Boucheでナチュールな肉会

昨年末にオープンしたばかりの東京池尻にあるOr en Bouche(ア

スライス肉こそじつは難しく経験だけではどうにもならないこともある

すき焼きやしゃぶしゃぶ用の肉はスライサーで切るんですが、機械が

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031