*

愛農ナチュラルポーク、試験的に滋賀の食肉センターで屠畜解体

公開日: : 2018/06/05 愛農ナチュラルポーク

昨日、トラックから豚を降ろすのに手こずった。スゴイ声で泣き叫ぶ4頭の豚たち。自分たちがこれからどうなるのか頭の良い豚は分かっているに違いない。なだめながら降ろした。そして今朝・・・

肉となった愛農ナチュラルポークを引き取りに行ってきた。昨日と同じ場所へ。20代の頃から屠畜場へ出入りしていたのでこういう場面には慣れているものの豚の鳴き声が耳から離れない。でも、これが現実。目の前の肉をおいしくしてやることが僕の仕事であり責任。

だから屠畜以外の解体はすべて僕がやった。内臓は食肉センターで働く僕の後輩が他の豚と混ざらないように仕分けしてくれた。牛の内臓に比べれば驚くほどコンパクトだ。オゾン水できれいに洗った。愛農高校でこの豚たちを見て、屠畜の現場に立ち会い、そして今、目の前に肉があり内臓がある。

最後の処理からカットも僕がやった。関西育ちの僕は豚の内臓は食べない。どうあがいても牛には敵わない。でも、食べないわけにはいかないので焼いてみた。正直驚いた。愛農ナチュラルポークの内臓はこれほどうまいものなのかと。愛農高校出身の了平にも食べさせた。豚のような雄たけびをあげて「うまい!」と叫んだ。「やまかしい!」と一喝。

この2日間、かなり疲れた。そこまでやらなくてもいいという気もしないでもないが、おいしさを追求するとしんどいことをやらなければ手に入らない。

さて、愛農ナチュラルポークの内臓ですが、頭は毛を焼く処理が時間的に難しく今回は食肉センターに置いてきた。レバーやハツは某シェフの元へ。おそろしくうまい小腸、大腸、ギャラは一般販売させていただきます。

愛農ナチュラルポークホルモン(味付けなし)

愛農ナチュラルポークホルモン(味付けあり)
たれは僕が作りました。余計なものは入れてませんが味噌ベースなので濃厚ちょい甘です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

愛農ナチュラル紅ポーク食後の感想

愛農高校養豚部、西川雄喜くんがチャレンジした放牧の愛農ナチュラル紅ポークは、おかげさまでモモ

記事を読む

おいしさの根幹は場づくり

数年前に友人たちと愛農高校を訪問したときの1枚です。先生や生徒たちと給食をいただき童心に返っ

記事を読む

愛農ナチュラルポークの骨付きモモ

愛農ナチュラルポークは、三重県伊賀の愛農高校で育てられています。木曜日に先生と生徒が豚の体重

記事を読む

【第2回肉Meets】30日熟成させて愛農ナチュラルポークは奇跡の味だった

イルジョットに到着して最初に目に入った光景が先日書いた記事の写真(→クリック) とにかく

記事を読む

2回目となる京丹後魚政とのコラボ会

赤身が強くて肉に包丁を入れると血が混ざった水分が溢れ出る。肉はふにゃふにゃで締まりがない。お

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
琉球大学×八重山農林高校のプロジェクト、石垣で育ったあか牛その後

石垣で育ったあか牛ですが、僕がおいしくしてやれるのは、このあた

イルジョット×鎮守の森×サカエヤ

四谷にある『鎮守の森』は初めて訪れる方はおそらく迷うであろうと

石垣からあか牛がやってきた

期待が大きすぎたのか、あまりにも味に透明感がありすぎてテンショ

→もっと見る

  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930