*

愛農ナチュラルポーク、試験的に滋賀の食肉センターで屠畜解体

公開日: : 2018/06/05 愛農ナチュラルポーク

昨日、トラックから豚を降ろすのに手こずった。スゴイ声で泣き叫ぶ4頭の豚たち。自分たちがこれからどうなるのか頭の良い豚は分かっているに違いない。なだめながら降ろした。そして今朝・・・

肉となった愛農ナチュラルポークを引き取りに行ってきた。昨日と同じ場所へ。20代の頃から屠畜場へ出入りしていたのでこういう場面には慣れているものの豚の鳴き声が耳から離れない。でも、これが現実。目の前の肉をおいしくしてやることが僕の仕事であり責任。

だから屠畜以外の解体はすべて僕がやった。内臓は食肉センターで働く僕の後輩が他の豚と混ざらないように仕分けしてくれた。牛の内臓に比べれば驚くほどコンパクトだ。オゾン水できれいに洗った。愛農高校でこの豚たちを見て、屠畜の現場に立ち会い、そして今、目の前に肉があり内臓がある。

最後の処理からカットも僕がやった。関西育ちの僕は豚の内臓は食べない。どうあがいても牛には敵わない。でも、食べないわけにはいかないので焼いてみた。正直驚いた。愛農ナチュラルポークの内臓はこれほどうまいものなのかと。愛農高校出身の了平にも食べさせた。豚のような雄たけびをあげて「うまい!」と叫んだ。「やまかしい!」と一喝。

この2日間、かなり疲れた。そこまでやらなくてもいいという気もしないでもないが、おいしさを追求するとしんどいことをやらなければ手に入らない。

さて、愛農ナチュラルポークの内臓ですが、頭は毛を焼く処理が時間的に難しく今回は食肉センターに置いてきた。レバーやハツは某シェフの元へ。おそろしくうまい小腸、大腸、ギャラは一般販売させていただきます。

愛農ナチュラルポークホルモン(味付けなし)

愛農ナチュラルポークホルモン(味付けあり)
たれは僕が作りました。余計なものは入れてませんが味噌ベースなので濃厚ちょい甘です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ジビーフと愛農ナチュラルポークで作ったフリウリの郷土料理が抜群においしかった

この日は特別にイタリア北東部のフリウリで働いていた頃の料理を再現してくれた。カウンターだけの店内には

記事を読む

愛農ナチュラルポーク、ウデバラミックス15kg販売中

7~10月の愛農ナチュラルポークは水をよく飲むせいなのか水分がかなり多かった。個体差はあるも

記事を読む

愛農ナチュラルポークのTボーンステーキは悶絶するおいしさだった

ここ最近、仕事が遅くなるとついつい行ってしまう...サルティンボッカ たまには、ラーメ

記事を読む

愛農ナチュラルポーク9月1日10時から販売開始

昨日まで東京出張だったので、溜まっている仕事をかたずけるため早朝より頼まれていた原稿を書いて

記事を読む

高山シェフが作る愛農ナチュラルポークのアリスタ

東京亀戸にある「メゼババ」高山シェフは、料理を作ると必ず写真を送ってくれるんです。さきほど届いた

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ

様似は気温15度、ジビーフ眺めながらゆっくり時間が過ぎて行く

今に始まったことじゃないんですけど「新保さんは牛も飼ってるんで

ジビーフツアー、何回目かは忘れましたが今年も実りある旅でした

ジビーフを訪ねて様似へ。シェフのみなさんと、そして共感(という

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031