*

あか牛を訪ねて熊本へ

公開日: : 2018/03/04 肉牛の品種, 牧場・生産者

先月末、2日間の定休日を利用して熊本へ行ってきました。目的は東海大学と橋村さんの「阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト」を見学するためですが、道中、震災の後がまだまだ生々しく残っており改めて被害の大きさを知ることができました。

まず熊本駅に着いたその足で東海大学へ向かい、服部先生とあか牛にご対面です。想像していた以上に牛がきれいで驚きました。放牧で暮らす牛たちの毛並といったらピカピカでちょうど4日前に産まれたばかりの子牛が気持ちよさそうに日光浴をしていました。とにかくすばらしい環境です。

次に向かったのは、橋村さんが70歳を超えてからチャレンジしている「阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト」を見学です。牧野でのびのびと育ち、草だけを食べて育った阿蘇のあか牛の肉は、いまは6頭しかいませんが、10年計画でこれから取り組んでいきます。

広い野山に牛を放ち、草だけを食べさせるという牛本来の育て方は、日本全国どこでもできることではありません。それは一年を通じて牛を養うだけの草を蓄える、阿蘇の草原だからこそできることです。阿蘇の草原を有効に活用し、日本の食の未来を明るいものにしていきたい。そんな思いから、「阿蘇のあか牛・草原牛プロジェクト」は生まれたのですが、微力ながら私も協力させていただくことに。

翌日は、リストランテ ミヤモトにて宮本シェフの料理を堪能して濃い2日間を終えたのでした。同行したセジールの村田シェフと山田さんはそのまま滋賀へ、私は熊本空港から東京へ・・・

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

足寄の石田めん羊牧場さんを訪ねて

足寄の石田めん羊牧場さんへお邪魔しました。羊たちは15haの広々とした土地で放牧されていまし

記事を読む

生産者を訪ね回るシェフの姿に意気込みを感じました

インターネットで情報発信していると、全国いろんなところからお声がけいただく。BtoBの見積り

記事を読む

吉田牧場さんのブラウンスイス牛(経産)いい感じに仕上がりました

岡山吉備高原・吉田牧場さんから届いたブラウンスイス牛3才6か月(未経産)と4才6か月(経産)

記事を読む

格付けよりも生産者ブランドの時代へ

週に2回、近江牛枝肉のセリが開催されるのだが 先月から異常なほどの高値が続いている。

記事を読む

藤井さん違い

先週はフランスにいたので枝肉の買い付けができず、知り合いの問屋さんに一頭だけ買い付けてほしい

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
サルメリア69×セジール コラボ会

新町さんの生ハムとサラミは機械(スライサー)で切るだけだからな

生鮮3品の存続は若者が憧れるような職業にならないと

僕が修行していた頃は、店内で枝肉を捌いている光景が普通だった。

Le Severo C’est excellent!

牛肉にしろ豚肉にしろ2通りの考え方があります。産地がどこだとか

→もっと見る

  • 2018年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30