*

生食販売における基準

公開日: : 2018/02/06 SAISIR

生食用の肉は、屠畜から7日以内に菌検査から処理までを終わらせなければ販売できない。菌検査に出している間に熱処理をするのだが、これが手間。10kgくらいの塊肉を90度のお湯に30分浸けてから、取り出した塊肉の断面1.5㎝を62度で2分間保持する。この間に検査結果の連絡が来るのだが、万が一陽性なら処理した肉は生食として販売できない。検査結果を待ってからだと7日以内の規定を守れないので毎回ドキドキものです。

そんなわけで、試食を兼ねて(笑)ほぼ毎日タルタル生活です。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

セジールの予約受付を開始いたしました

サカエヤの新店に併設のレストラン“セジール”の予約受付けを開始いたしました。 9/21以降

記事を読む

肉屋の仕事に興味を持ってくれる人が少しずつ増えてきたように思う

バックヤードに設置している3台の冷蔵庫は温度帯、湿度などを変えて使い分けています。店頭の熟成

記事を読む

スペインワインとお肉を楽しむ会

先日開催された、スペインワインとお肉を楽しむ会。友人のワインインポーター、ワイナリー和泉屋の新井さん

記事を読む

9/21グランドオープンさせていただきました

本日10時に無事グランドオープンさせていただきました。昔のように新聞に折り込みチラシを入れる

記事を読む

セジールの予約に関しまして

太田さんのアマゾンカカオがすばらしすぎて、テリーヌ・ド・ショコラがグッとおいしくなりました。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
リムーザン牛をおいしくするために

約2年間、リムーザン牛とバザス牛を使い続けてきました。ある方に

肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ

様似は気温15度、ジビーフ眺めながらゆっくり時間が過ぎて行く

今に始まったことじゃないんですけど「新保さんは牛も飼ってるんで

→もっと見る

  • 2018年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031