*

肉屋の仕事に興味を持ってくれる人が少しずつ増えてきたように思う

公開日: : 2017/10/06 SAISIR, 肉 サカエヤ

バックヤードに設置している3台の冷蔵庫は温度帯、湿度などを変えて使い分けています。店頭の熟成庫はお客様にみていただくためにディスプレイ的な要素を含んでいます。なので内容は毎日変わります。

さて、料理人や調理師専門学校の生徒が毎日のように商談や研修に来ます。研修はだれかれと受け入れているわけではなくあくまでも知り合いだけです。知り合いでも邪魔くさい人は断りますが、先週研修に来ていた来春卒業予定の調理師専門学校の生徒が、決まっていた就職先をとりやめてサカエヤで働きたいと言ってきた。正確にはサカエヤが運営するレストラン・セジール希望なのだが、本日改めて面接して即採用させてもらった。検討して1週間以内に返事なんてまどろっこしいことは好きじゃないので即決です。断る理由も見つからなかったし、健康でやる気があればそれでいいと思っています。

 
サカエヤの現状ですが、求人は募集していないし人にも困っていない。ときどき精肉経験者が働きたいと言ってくるが年齢が高すぎて現行スタッフとの兼ね合いがむつかしい。だいたい僕は人を育てる気もなければ何かを教えるということが苦手なのです。採用した子(女子19歳)も3年間うちで仕事して、その後は違うところで働くのが良いと思う。
 
牛を育てるのは生産者の仕事、肉を育てるのは肉屋の仕事。少しずつだが僕がやってる肉屋の仕事に興味を持ってくれる人が増えてきた。牛歩のごとくだがありがたい。
レストラン・セジールはオープンから2週間ほどですが、日によっては満席になることもあり、少しずつですがいい感じになってきました。webからご予約ができますのでぜひお越しください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イタリアを旅しているようなイタリアの郷土料理

サカエヤに隣接するレストラン『セジール』もコロナの影響でキャンセルが相次いだ。それでも営業し続けた。

記事を読む

セジールのサービススタッフ年齢無制限で募集中

昨年の5月に友人たちとニューヨークへ行ったのが遠いむかしのようです。朝から晩まで食べ歩いた記

記事を読む

近江牛ドットコムからサカエヤへサイト名が変わります

1998年にインターネットで肉を売り始めてまったく売れず。当時は近江牛みそ漬けに特化したサイ

記事を読む

20年間ありがとうございました!

9月4日を持って20年間営業してまいりました『近江牛専門店 さかえや』を閉店させていただきま

記事を読む

セジールの予約に関しまして

太田さんのアマゾンカカオがすばらしすぎて、テリーヌ・ド・ショコラがグッとおいしくなりました。

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフの販売について

以前は毎日のように問い合わせがあったジビーフですが、ここ最近は

熟成に理想的なA2の肉

WardPressの仕様が変わってから、どうにも使いにくくて更新も前み

ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

→もっと見る

  • 2021年9月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930