*

サカエヤ店舗で、セジールで、吉田牧場さんを堪能

公開日: : 2017/10/03 吉田牧場のブラウンスイス牛

吉田牧場さんの名を有名にしたのは2013年に放送されたNHKプロフェッショナル仕事の流儀でした。番組ではこのように紹介されていました。
 
『岡山備前高原の吉田牧場といえば全国のシェフから注文が殺到する“幻のチーズ”。作るのは、岡山・吉備高原で牧場を営む吉田全作。牛を自前で放牧し、その乳から家族経営の工房で作るために生産量は限定されているが、代表作のモッツァレラチーズは、モチモチした食感とジューシーな味わいで一流シェフをとりこにしている。同じ作り方をしても、日々出来が違うというチーズ作り。若き日は世界を探検し、やがて日本でチーズ作りを開拓した異色の人生を追う』
 
吉田牧場さんで飼われている牛はブラウンスイス牛といってチーズを作るために必要な乳を出す、いわゆる乳牛です。お産を繰り返し乳がでなくなればお役ごめんとなるのですが、なんとか食肉としておいしくできないものかと今年初めて1頭を出荷しました。吉田牧場さんと私のチャレンジが始まりました。

欧州では肉質が高く評価されているブラウンスイス牛ですが、日本では知名度も低くお肉として出回ることもほとんどありません。和牛のようにサシが入ることはなく、赤身で肉質は硬めです。しかし、結果は、これが本来の牛肉というものなのか。これが自然でのびのびと育った肉の味なのかと、たくさんのことを考えさせられたのです。

 
吉田牧場さんのブラウンスイス牛は、主に各地のレストランで使っていただいていますが、サカエヤの店舗でも2アイテム販売しております。また、期間限定ですが、サカエヤ併設のレストラン「セジール」でも10/5のランチからハンバーグとしてメニューに加わります。
 
この機会にぜひサカエヤで、セジールで吉田牧場さんのブラウンスイス牛をお試しください。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ(骨を外すこと。骨を抜くともい

記事を読む

これぞ赤身肉の決定版ともいうべき牛肉が続々入荷

一気に入荷があるともう大変!冷蔵庫が賑やかです。 これぞ赤身肉。奈緒子さんのジビーフ、全作さんのブ

記事を読む

テーマは吉田牧場、ブラウンスイス牛に悪戦苦闘中

いよいよ今週、某所で開催されるイベント。テーマは「吉田牧場」僕が依頼されたのはメインの肉。シ

記事を読む

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなかで、吉田牧場さんのブラウンスイ

記事を読む

吉田牧場さんのブラウンスイス牛、おいしく仕上がりました

牛の世界はおもしろくって、日本には日本の事情があり、アメリカにはアメリカの事情があります。も

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31