*

吉田牧場さんのブラウンスイス牛、おいしく仕上がりました

公開日: : 2018/05/27 吉田牧場のブラウンスイス牛

牛の世界はおもしろくって、日本には日本の事情があり、アメリカにはアメリカの事情があります。もちろんオーストラリアやフランスも同じくです。日本の事情を語るとき外せないのが「格付け」でありサシで左右される和牛の立場です。「事情」の話しはいつかがっつり書くときがくると思いますが、そんな事情とはまったく関係のない吉田牧場さんのブラウンスイス牛のリカちゃん(2009年9月24日生まれ)が枝肉としてうちに来たのがちょうど1ヵ月前。全作さんから、とても頭の良い子で、足腰も丈夫だったと聞いていましたが、種が付きにくくなったのでお肉になってもらったのです。

どうすればおいしくなってくれるのか・・・

寝ても覚めてもそればかり。

いつか岡山で吉田牧場さんのブラウンスイス牛を食べる会をやりたいと思っています。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

吉田牧場さんの“ダチ”がなんと旨いことか!

吉田牧場さんのブラウンスイス牛。2010年9月9日生まれで4産している『ダチ』が入荷してしば

記事を読む

ジビーフやブラウンスイス牛は小さなコミニュティのなかで生れたのです

発売中の料理王国に4頁に渡って掲載していただいてます。そのなかで、吉田牧場さんのブラウンスイ

記事を読む

ジビーフをブラウンスイス牛を2日間限定で店頭販売してみました

この2日間、店頭でブラウンスイス牛(岡山・吉田牧場)とジビーフ(北海道・駒谷牧場)を

記事を読む

肉の仕事は奥深くておもしろい。それがわかるまで最低3年はかかるのです。

※撮影:yoshida solo 枝肉を仕入れて、サバキ(骨を外すこと。骨を抜くともい

記事を読む

手当てしたブラウンスイス牛がかなりおいしく仕上がって本日から店頭で販売しています

移転してまだ一か月しか経っていませんが、なんだかずっと前からこの地で商いやってる感覚です。平

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
求人募集

サカエヤでは、僕たちの取り組みに共感して一緒に働いてくれるスタッフを募

取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

→もっと見る

  • 2022年9月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930