*

ブラウンスイス牛の命のリレー

公開日: : 2023/08/11 吉田牧場のブラウンスイス牛

全作さん(吉田牧場)と岩永さん(cornelian taurus)そして、園田さん(そのみつ)の空気感がピタッとはまった。

吉田牧場さんから出荷した、ブラウンスイス牛の皮がきれいに鞣されて革となり、岩永さんにバトンを渡した。肉はすでに食べてなくなったが、製品は今後永遠に生き続ける。

全作さん、原野さん、岩永さんと僕、そこにハンドメイドシューズの職人、園田さんが加わった。打ち合わせのとき、みんなの空気感(というのか)、オーラみたいなものが、すーっとひとつに重なった瞬間を感じてぞくっとした。

牛を育てて、その牛が子供を産み、その乳でチーズを作る。種がつかなくなり、乳がでなくなった牛を僕が半年間育てる。肉と内臓は、僕が手当てして、信頼できる料理人へつなぐ。皮は、岩永さんが革製品として鞄や財布にして命を吹き込んでくれる。さらに園田さんがハンドメイドでシューズを作ってくれる。

皮革を生業にしている方なら分かると思うが、これがどれだけすごいことなのか。歴史的なことだと言っても大袈裟ではないと思う。

サスティナブルとかSDGsとか、結果としてそうであっても、「命をつなぐ」とか「命のリレー」って、ここまでやって初めて実感する。だから料理する人も食べる人も選びたい。

商売を狭くしているのは分かっているし、理解されようがされまいが、この年でわくわくすることに感謝したい。

ブラウンスイス牛が肉となり皮から革となるストーリーを、お時間あるときにでもご覧いただければ嬉しいです。

岩永大介×坂本健(チェンチ)

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

吉田牧場のブラウンスイス牛「ミモザ」の牛生

「ミモザ」という名前の牛がいた。仔牛をたくさん産み、いちばん長生きした牛だった。牛舎に牛を入

記事を読む

今年最後の吉田牧場さんのブラウンスイス牛入荷

正しい肉は正しい人に料理されてこそ人を感動させられる。11/20に肉になってくれたブラウンス

記事を読む

吉田牧場さんのブラウンスイス牛、本日より販売スタート

サカエヤのお客様は県外の方もたくさんいらっしゃいます。行きたくてもいけない、通販があってよかったとメ

記事を読む

吉田牧場さんの“ダチ”がなんと旨いことか!

吉田牧場さんのブラウンスイス牛。2010年9月9日生まれで4産している『ダチ』が入荷してしば

記事を読む

吉田さんから僕へ、僕からシェフへつなぎます

岡山の吉田牧場さんで育ったブラウンスイス牛のサク。双子で生まれてゼンとサクと名付けられました

記事を読む

新記事
講演
旧記事
価値観の違い

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30