*

手当てしたブラウンスイス牛がかなりおいしく仕上がって本日から店頭で販売しています

公開日: : 2017/10/28 吉田牧場のブラウンスイス牛

移転してまだ一か月しか経っていませんが、なんだかずっと前からこの地で商いやってる感覚です。平日は近隣の方を含め、県内や京都から来られる方がほとんどです。土日は県外の方が多く、今日は午前中店頭で接客していたのですが、ほとんどのお客様が東京からでした。

僕の根っこにある肉屋の仕事は《手当て》です。枝肉を買い付けるところから始まり、その子の個性を伸ばしてやるのが手当てです。骨を外したり熟成させたり、手を加えてやらないと肉はおいしくなってくれません。そして大事なのはタイミングです。シューケースに並んでいる肉は2~3日中に食べることを想定して手当てしています。

同じ肉をお買い上げいただいて、めちゃくちゃおいしかったという感想をいただく方と、まぁまぁかな、なんて拍子抜けするような感想をいただく場合があります。両極端な感想ですが、調理方法や器具なども少なからず影響はあるものの、ショーケースからお買い求めいただく場合は、食べるタイミングがかなり大きな要素を含んでいます。

うちのショーケースはちょっとばかり特殊な構造になっていまして、しかもかなり大きいので、いろいろと遊べます。あんなことをしたい、こんなことをしたいという僕の欲望が満たされています。

今日は吉田牧場さんのブラウンスイス牛を数アイテム並べていますが、しっかりリピーターさんが支えてくれています。三角バラとブリスケを組み合わせて焼肉用として販売していますが、今日が食べ頃です。間違いなくおいしいのでお客様に買ってほしいですが、ちょっとくらい残らないかなぁと期待しながらすでに僕の口は焼肉です。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

老眼によるミス

とある勉強会用に仕上げた3種類の牛肉。フランス産バザス牛(30日の水分調整からのドライエージ

記事を読む

「肉を焼く」って何?(奥深き肉焼き)

僕が2歳のときに出版された「牛肉の本」(←タイトル)にこんなことが書かれています。「肉の価値

記事を読む

吉田牧場のブラウンスイス牛「ミモザ」の牛生

「ミモザ」という名前の牛がいた。仔牛をたくさん産み、いちばん長生きした牛だった。牛舎に牛を入

記事を読む

ミモザとマンゴーと吉田牧場と肉屋としての僕のスタイルと

2017年9月19日、2日後に新店舗のオープンを控えてバタバタするどころか僕は余呉の徳山鮓に

記事を読む

今年最後の吉田牧場さんのブラウンスイス牛入荷

正しい肉は正しい人に料理されてこそ人を感動させられる。11/20に肉になってくれたブラウンス

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930