*

肉に対する価値について

公開日: : 2017/02/25 コラム

入荷したばかりのジビーフ「コナン(26ヶ月令♂)」ですが、ほとんどの部位が完売しています。リブはAシェフ、サーロインはBシェフ、ウデはCシェフといった感じです。使いにくい部位は無理やり売ることはせず私がおいしくいただいております。こんな感じで1頭が捌けていくのですが、先日伺った東京のお鮨屋さんで聞いた鮪の話しに似ています。上物の鮪は背ナカはA店、背カミはB店、腹ナカはC店、腹カミはD店といった感じで昔から決まっているんだそうです。A店が廃業でもしない限り背カミは他の人には回らないといった暗黙の了解みたいなものがあるそうです。魚の世界は良く分かりませんが、養殖ものより天然ものがありがたがられ、牛は天然より養殖がありがたがられ(笑)… とは言うものの牛に天然はいないわけでして、しいて言うならジビーフが天然に近いと思ったりするわけです。

さて、そのジビーフですが、どこかでお聞きになったのか、はたまたネットで調べたのか、そこそこの件数、お問い合わせをいただきます。ちなみに当店で問い合わせを一番多くいただくのが豚血ですが、既存のお取引先のサービス的な位置づけなので豚血だけのご注文はお断りしております。

話しがあっちこっち飛びますが、ここ最近のジビーフは本当にピュアな味わいが際立ってまして、特に脂質がすばらしいのです。写真は先日「草喰なかひがし」さんで頂いたコナンくんのウチヒラですが瑞々しくて旨味もあり、チーズとの相性も抜群でした。

ちょうど2週間前のことです。東京のあるレストランのシェフからジビーフの問い合わせがありました。ジビーフの存在は知っていたが出荷数が少ないことも聞いていたのでという気にはなっていたのですが・・・という内容からはじまり30分くらいお話ししたかな。牛肉に対する価値観が共通するところがあり、実際にお会いして話してみたいと急遽東京へ。他にも所用があったので30分ほどで退散する予定がなんと3時間も話し込んでしまったのです。なんかお互い楽しくなってしまって、こういうシェフがいるんだなぁと出会いに感謝したのです。

とはいうもののジビーフを触ったこともなければ焼いたこともないので、とりあえず触ってもらおうと来週改めてお店に伺うことになったのですが、せっかくなので愛農ナチュラルポークや他の肉も焼いてもらおうと厚かましくもリクエストしたのでした。

しかし、肉に対する見方というか価値は人それぞれだなと改めて思いました。いわゆるA5でサシがたくさん入った肉に価値を見出す人も入れば、ホルスタインに価値を見出す人もいるわけです。どれが正解なんてないのですが、自らの技術と道具、そして好みでハッキリ分かれるのが価値観だと感じた次第です。

 

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おいしい料理はきれいな厨房からしか生まれない

僕がいままで感動した料理を作り出す厨房はどこもピカピカだ。汚れた厨房を見るとイライラする。汚

記事を読む

仕事とのは相性、私はいまのところ良好なようです

狙って買い付けたA3の近江牛。予想通りモモは赤身が強くてしめしめとほくそ笑んだのですが、ロン

記事を読む

この道40年、肉屋一筋迷いなし

僕は精肉店という仕事を生業にしています。一般的には肉屋と言ったほうがわかりや

記事を読む

生鮮3品の存続は若者が憧れるような職業にならないと

僕が修行していた頃は、店内で枝肉を捌いている光景が普通だった。お客さんと会話しながらリズミカ

記事を読む

ブランドや格付け、生産者名で肉が売れる時代は終わりに近づいている

うちの店で格付けを気にしながら買い物されるお客様は僕が知ってる限りいないと思う。商品プレート

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
有機畜産JAS認定牛 ジビーフ

日本国内で有機畜産JAS基準を満たし認定されている牧場は3牧場

食肉販売業の許可簡単にとれるけどちょっと心配

問題なかったら販売してもいいかなと思ってたのですが、ちょっと難

ドリップについて

情報発信についていろいろ思うことがある。例えば飲食店。なにもし

→もっと見る

  • 2020年6月
    « 5月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930