*

ブランドや格付け、生産者名で肉が売れる時代は終わりに近づいている

公開日: : 2017/10/20 コラム

うちの店で格付けを気にしながら買い物されるお客様は僕が知ってる限りいないと思う。商品プレートに表記もしていないし、だいたいが僕は数字だけの評価に意味を感じていない。肝心なのはおいしいかおいしくないかそれだけ。もちろんその牛が生まれ育った環境も重要だけど、肉屋という職業の僕としては、目の前の肉をどうすればおいしくできるのか、そこにしか興味がない。
 
昨日、東京から友人が遊びに来たのだが、サシが激しく入ったサーロインを買って帰られた。ヨーロッパでの生活が長い方なので本来は赤身が好みだと思うのだが、前回来られたときに買って帰ったサーロインが恐ろしく旨かったということでリピートされた。友人は生産者がだれとかエサは何かとか、もちろん格付けには一切興味がない。ショーケースに陳列された肉に興味があり、予想以上においしかったということだと思うのです。そこにはサカエヤへの信頼があり僕に対しての信用があり、そしておいしかったという結果がすべてだと思うのです。
 
ブランドや格付け、生産者名で肉が売れる時代は終わりに近づいていると思う。少なくとも僕の周りでは。
 
写真は近江牛のリブロース。ステーキは分厚いほうがぜったいうまい。一般の方の購入量はだいたい1枚200g。この判の大きさで200gをカットすればステーキではなく焼肉になってしまう。どうすれば200gでおいしく食べてもらえるのかを真剣に考えればこういう切り方になる。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自分の歌い方で歌え

テレビも見ないし音楽も聞かないのですが、桑田佳祐ひとり紅白歌合戦は毎年楽しみにしているのです。だって

記事を読む

おいしい料理はきれいな厨房からしか生まれない

僕がいままで感動した料理を作り出す厨房はどこもピカピカだ。汚れた厨房を見るとイライラする。汚

記事を読む

コロナ前に戻ってたまるか!

サカエヤは4つのチャンネルがあります。小売、飲食店への卸販売、ネット通販、レストランです。4

記事を読む

ミンチこそ信頼できる店で!

フランスの話に戻りますが、みどりさんに連れて行ってもらったコルマールのお肉屋さん。ミンチ機が

記事を読む

この道40年、肉屋一筋迷いなし

僕は精肉店という仕事を生業にしています。一般的には肉屋と言ったほうがわかりや

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
仕事の奥深さ

本日から11月、しかし一年あっという間でなんか怖いですね。同級生ですで

所作

写真は、昨夜、BRUSTAで食べた近江牛ウチヒラ。西山さんはワ

今月のジビーフも2頭入荷しています

↑ はるか 今月も2頭のジビーフが入荷してきました。「はる

→もっと見る

  • 2024年6月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30