*

牛肉価格の高騰で切り落としがお手頃じゃない昨今の事情

公開日: : 2016/03/26 近江牛, わくわく定期便

IMG_0502

先日のセリは私がいままで見たこともない光景でした。通常のセリなのに共進会レベルの異常な高さ(価格)でバンバン落札されていくわけです。いくら枝肉相場が高騰しているからといっても、これでは経営体力が持ちません。しかし慣れとは怖いものですね。かなり高値なのにほんの少しいつもより安く落札できただけでラッキーって思ってしまうんですから・・・

いつまでもこの価格が続くとは思いませんが早く落ち着いてほしいものです。だって誰も得していないんですから。肥育農家さんは、仔牛を高く買って出荷の時期に相場が下落していたら大損ですよ。いまが高値だからと言って安心できないです。二年後三年後を見据えた経営やらないとね。

さて、肉屋もレストランも我慢の限界とばかりに販売価格を少しずつ上げている感じですが、安価でお求めやすい切り落としでさえお手頃感がなくなりつつあります。端材を集めて商品化する切り落としだからこそ安価な価格設定が成り立っていたのですが、素がこれだけ高けりゃ端材といえども早々手が出なくなるんじゃないかと心配する同業の声もあります。まさしくです。

わくわく定期便は3パタンのコースがありますが、すべてに切り落としが入ります。通常価格をご覧いただければいかにお得なのかがお分かり頂けるかと思います。当日発送分には、事前の切り置きは一切せずに、その日にスライスしています。牛が変われば味が変わるので必ず試食はするのですが、切り落としには結構こだわりがありまして、すき焼きにしても十分おいしかったと言っていただけるものを選ばせていただいています。以前に経産牛の肩ロースを切り落としにしてお叱りを受けたことがありましたが、基本的にはブリスケをベースに当日使った部位の端材を用いています。

昨夜は切り落としで肉じゃがを作ってみたのですが、ロースの端材だったので脂がおいしかったですね。スネも薄くスライスして入れてみたのですが、まったく違和感なくこちらもおいしかったです。価格高騰でどこのお店も大変だとは思いますが、おいしいお肉を売るという使命はみなさん同じだと思いますので、我慢のしどころ、踏ん張らないといけませんね。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

数字を食べず肉を食べてほしい

通販でお買い物いただいた近江牛には出荷証明書をお付けしています。そこには生産者名や格付けが記

記事を読む

藤井牧場さんから16歳のお母さん牛

肉塾の滋賀研修で藤井牧場さんへ行ったときに出荷前のお母さん牛に出会った。なんと16歳だ。藤井

記事を読む

選べる近江牛ギフト券 高級感たっぷりにリニューアル

いまから10年前にある人からこんなことを言われたことがある。 あんたんとこの肉はそらう

記事を読む

枝重390kg、20ヶ月齢で出荷の近江牛は僕好みですばらしい肉質だった

先日のセリで落札した近江牛。枝重390kgで20ヶ月齢での出荷は畜産関係者ならお分かりだと思

記事を読む

日々いろんな肉が入荷してきますがA5もあればC1もありすべてに命がありおいしくなってほしいと願うのです

とある牧場から出荷された近江牛ですがちょっと様子が変です。雌の50カ月齢で経産ですが肉にする

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
ジビーフと土壌の関係

生産者の元へは定期的に行くようにしています。料理人の方が生産者のところ

吉田牧場×dorit×サカエヤの会

昨年に続き、2回目となったタイトルの料理会。はじまりは東京某所で開催さ

ジビーフ2頭入荷

4月19日に屠畜したジビーフ『つよし』28ヶ月齢去勢と『はーや

→もっと見る

  • 2021年5月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031