*

切り落としを料理してみる

公開日: : 2014/01/28 商品

IMG_2556

久しぶりに時間ができたので、スキレットを使って肉じゃがを作ってみました。じゃがいもは北海道幕別の折笠農場さんから送ってもらった「さやあかね」、お肉は切り落としです。

肉じゃがのように煮物料理には、高価なお肉よりも切り落としで十分おいしいのですが、すき焼きにはちょっと、、、というときもあります。当店の切り落としはあくまでもすき焼きやしゃぶしゃぶ用にスライスした余り部分(端材)を使用したものです。赤身が多いときもあればサシが入ったロースの端材のときもあります。すき焼き肉のように1枚が30g~40gなんてこともありません。

この点をご理解いただけないと、な~んだ、すき焼きしたのにおいしくないや、、、なんて思われることもあるかもです。もちろん、通常のすき焼きと比較してですよ。私的にはすき焼きよりも肉じゃがや牛丼、カレーライスにこそ威力を発揮する優れものだと思っております。

少し話が変わりますが、日経MJに日本ハムが欧州産豚肉の販売を多様化しているという記事が載っていました。マンガリッツアやオーガニックポーク豚など、こだわりの豚肉の扱いも強めるということらしい。

国産豚や現在の輸入豚の主流でもある米国産の豚肉が値上がりしているという背景がある。マンガリッツアといえばハンガリーの食べる国宝と呼ばれる高級豚だ。イベリコのように居酒屋でもメニュー化されると希少性は薄れるどころか、絶対量が少ないはずなのに見かける頻度がおおくなるという現象がおきかねない。大手メーカーが取り扱うとこういったことを私はどうしても危惧せずにはいられない。

イベリコもマンガリッツアも身近に生体がいないので現実味がなく、なによりも現地へ出向いて確認する時間も金もない(笑)

ということで、私はこれからも商品環境丸見えな愛農ナチュラルポークを一生懸命売っていきます!

2月はどうにか1頭の出荷が確保できました。3月からは2~3頭ペーズで毎月販売できそうです。お問い合わせをたくさんいただいておりますが、このような状況ですのでいましばらくお待ちください。

 

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おでんに最高!近江牛のすじ

寒くなると新規のお客様がよく来店されるのだが お目当ては、牛すじだ。 とは言っても、

記事を読む

生産履歴が明確な近江牛ミンチで作るハンバーグは絶品

数年前からネットでも近江牛ミンチを販売しているのだが ミンチを冷蔵で発送するには、変色とい

記事を読む

愛農ナチュラルポークと畜産業界の未来

  きたやま南山で開催された、愛農ナチュラルポークお披露目の様子が業界紙に掲

記事を読む

近江牛ギフト券がリニューアル

お肉を贈りたいけど好みがわからない そんな方に喜ばれているのが 貰った方が選べる近江

記事を読む

一頭まるごと仕込みの近江牛カレー

2週間ほど外食続きだったので 先週から、質素な食生活を心掛けていたのだが そういうときに

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31