*

一頭まるごと使った近江牛カレー

公開日: : 2012/04/14 商品

写真A.jpg

たまに無性に食べたくなるのがカレーだ。

仕事を終えて帰宅する途中にFCのカレー屋さんがあるのだが
ついつい誘われるように入ってしまうことがある。

私は、辛いのが苦手なので甘口をオーダーするのだが
家で作るときもルーは甘口を使う。

ところで、カレーは、インドが発祥の地でスパイスやハーブを使って
肉や魚、野菜といった具材に味をついけた料理のこと。

こんなふうに書くと、たかがカレーが格式高いカレーのように思えてくる。
このあたりもカレーの奥深い魅力なのかも知れない。

もともとカレーは、インドとその周辺で食べられていたのだが
時代の流れに従ってしだいに世界に広まっていった。

やがてそれぞれの国の食文化と混ざり合うことで、カレーうどんやカレーパンなど
新たなカレー料理が誕生した。

私が贔屓にしている京都のうどん屋さんには、カレー中華なるものがある。
名前から連想するに恐ろしい食べ物のように感じられると思うのだが
これがなかなかの力作でうまいのだ。

店側も調子にのって、カレー中華チーズ入りまで作ってしまった。
これがさらにうまくて、この店の人気メニューとなっている。

ところで、カレーをいつでもどこでも手軽に食べるには、レトルトに限る。

夜食のカレーなんか最高にうまい。

数あるレトルト商品の中でも、カレーが占める割合は非常に多く
私の記憶では80%以上だったように思う。

いまやレトルトの市場を席巻しているカレーではあるが、当店もご多分に漏れず
数年前に「近江牛専門店が極めたカレー」を世に送り出した。

かなり遅まきではあったが、一頭まるごと使ったカレーということで
多くのマスコミにも取り上げられ、いくつかの賞もいただいた。

もちろん、味にもこだわったので、一度ご購入いただいた方からのリピート率も高い。

昨年の2月には、フード・アクション・ニッポンアワードにおいて
プロダクト部門優秀賞を受賞した。

受賞を記念して作成したロゴマーク入りのパッケージがこちらだ。

20120401174122573_0002.jpg

このカレーの特徴は、レトルトでありながらそれを感じさせない完成度で
一口目は私の要望を強く入れているので、甘く感じます。

2口目以降は、次第に辛さが後を追いかけるような感じに仕上げています。

レトルトのカレーはぜったいに食べないという暴君さえも「これはうまい!」と
言わしめた「近江牛専門店が極めたカレー」

ぜひ、一度お試しください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

近江牛専門店が極めたキーマカレー、本日より発売!

昨年から試行錯誤しながら作り続けていたキーマカレーが ようやく完成しました。 個人的

記事を読む

【近江牛の睾丸】5個限定販売!食感はフォアグラか白子

昨夜、生産者から「去勢できず観血去勢したため・・・いりますか?」とメールがきた。牛飼いや獣医さんなら

記事を読む

正月三が日が過ぎればカレーが食べたくなる

渋滞しているときの抜け道として住宅街を通ることがある。 そこにポツンと1軒のカレー屋さんが

記事を読む

愛農ナチュラルポークLボーンステーキ再販です

先日の大雪で出荷トラブルが続出でして、宅配会社に電話しても関東方面は出荷できないとのことで、

記事を読む

NIIHO × CHEFシリーズ 高橋シェフのカレーが再販

NIIHO × CHEFシリーズで欠品中だったイルジョット高橋シェフのカレーが入荷しました(

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

https://www.omi-gyu.com
取引について僕の考え方

僕は「業者」という言葉が好きではありません。飲食店に牛肉を

精肉店としての歩み

滋賀県で精肉店をやっているなら「近江牛」の看板で商売したい。三重県なら

ジビーフ舞ちゃん親子で出荷

先日、ジビーフのお母さん牛『舞ちゃん』が屠畜され、さきほど内臓

→もっと見る

  • 2021年10月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31