*

日本が世界に誇るすき焼き

公開日: : 2011/12/11 すきやき

_N7K1768.JPG

お歳暮ギフトでいちばん売れているのが
近江牛すき焼きギフトだ。

先日、京都の老舗すき焼き店から青い目をした外国人がでてきた。
外国人の好きな日本食といえば、定番が寿司、刺身、ラーメンだ。
次いでカレーライス、天ぷらあたりだが、日本の食文化といえば
すき焼きだろう。

すき焼きの歴史は、文明開化以来の140年ほどだが
ステーキに代表されるように焼いて食べる文化が根付いている諸外国の方々にこそ
ぜひとも食べていただきたい。

肉食はもともと西洋から入ったものだが、明治に横浜で生まれたのが
言わずと知れた牛鍋だ。

3㎝角の牛肉を鉄鍋に並べて、味噌をのせ七輪で煮たものが
評判となり、牛鍋屋には行列ができた。

すき焼きの作り方は、地方や家庭によって異なるが
関東風、関西風に分けて紹介されることが多い。

私の作り方は、熱した鍋に牛肉を広げて砂糖をかける関西風だが
最近では、わりしたを使うことが多い。

ところで、霜降り肉と赤身肉、いったいすき焼きにするには
どちらが適しているのか?

といった内容の問い合わせがこの時期になると多くなる。

好き好きと言ってしまえばそれまでなのだが
私は、霜降り肉を少々食べたあとに、赤身肉を食べることを
おすすめしている。

霜降り肉は、繊維が細かいので砂糖や醤油がよく浸透する。
そのためすき焼きの醍醐味を味わうには、霜降り肉がおすすめなのだ。

しかし、霜降り肉はたくさん食べられないので
2枚ほど食べたあとは、赤身肉を堪能するようにしている。

溶き卵をつけて食べると、味も軽くなり
香りとコクが口いっぱいに広がる。

この味を知ったら、どんな外国人だってブラボーと叫ぶだろう。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

融点が低い牛肉は本当にあっさりしているのか?

  12月も後半となると忙しさが加速するのだが、さすがにこの時期はギフト需要

記事を読む

枝肉から切り出す肉で絶品のすきやきを堪能

ようやく本格的な鍋シーズンということで 大好きな、すき焼きの季節がやってきた。 先日

記事を読む

思い出のすき焼き

5月5日はこどもの日 関係あるのかないのか牛肉がよく売れる日でもある。 今日は天気も

記事を読む

たまにはいいお肉ですき焼きしましょう

気がつけばGWなんですね。年のせいなのか日々ボーッとしているからなのか月日の経つのが早すぎま

記事を読む

日本ガストロノミー協会にてすき焼きの会

昨夜は日本ガストロノミー協会にて「新保&マッキーのすき焼きの会」が開催された。全国か

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
リストランテ・マッサでラッセ×マッサ

かつてフジテレビ(料理の鉄人)で、第4の鉄人として活躍された神戸勝

良い肉は良い脂と肉質

ジビーフのLボーン、良質な脂と肉質は触ればわかる 11月も半

経産牛、沖縄へ

〜ストーリーに味を乗せて〜 2005年10月14日、久米島の翁長

→もっと見る

  • 2019年11月
    « 10月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930