*

好きなことを突き詰めるとこうなるのかと

公開日: : 2019/05/26 未分類

変態レベルを超越した変質者レベルの南崎さんのワイン会が昨夜も開催された。今回はスペインのファインワインのバックヴィンテージがずらっと並ぶ。ちなみに南崎さんはワインの仕事をしているわけではなく普通のサラリーマンだ。ヤバいねこの人。道を踏み外すと逮捕されるレベルだ。ワインでよかった(笑)

まずは土壌の説明から入る。しかし南崎さんは土壌が好きだなぁ。ジビーフしか食べたくないという彼は様似の土壌まで調べていた。もともと牛肉が苦手な彼はジビーフに出会って価値観が変わったそうだ。そんな僕も牛肉が苦手です。こんなことを言うとまたまた~、、なんて言われますが本当です。ただし僕の牛肉以外は苦手という意味です。だってそうでしょう、他所で牛肉食べてもおいしくないですからね。食べませんけど。

なにを生意気な、なんて思われてもいいんです。それぐらいのプライドでやらなきゃ肉の仕事なんてできないです。先日、あるシェフにパスタがおいしい店教えてくださいと言ったら、ないです、自分が作ったパスタがいちばんおいしいからと即答でした。そりゃそうですよね。

あぁ、、、南崎さんの話しでした。昨夜の参加者にはワインのインポーターさんもいました。その方が勉強になるわぁ~と言うぐらいですから、南崎さん、そのうち逮捕されますよ。牛肉もこんな人いないですかねー。なんちゃってはたくさんいますが、なかなか変質者レベルの方はお目にかかったことがない。いたら紹介してください。

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

259ヶ月齢と252ヶ月齢の経産牛がお肉になりました

6月9日に出荷した2頭のお母さん牛「きこ2:平成8年生まれ」と「のぞみ:平成5年生まれ」は、

記事を読む

リムーザン牛をおいしくするために

約2年間、リムーザン牛とバザス牛を使い続けてきました。ある方に「フランスで食べるバザスやリム

記事を読む

長崎島原の花房和牛(経産牛)は心が豊かになるおいしさだった

花房和牛(奥左:トモサンカク屠畜後13日目、奥右:トモサンカク屠畜後40日目、手前サーロイン)[/

記事を読む

フランス・ジャポン・エコー誌の取材はまさかの通訳なしだった

フランス・ジャポン・エコー(France Japon Éco)の編集長、レジス・アルノーさん

記事を読む

シンプルなカレーを作るためにシェフの力を借りて

「シンプルでおいしいもの」を突き詰めていくと、調味料は塩をパラパラと振りかける程度で食べれば

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
温度コントロールによる肉の温かさ

レオナルド・ダ・ヴィンチは馬の彫刻を作るために、何頭もの馬を解

マッキー牧元&新保吉伸のブリアンツァ会

携帯電話も繋がらない。野生の王国に人間が住まわせてもらっている

おいしくするのは執念

携帯電話が鳴ると、なんとなく誰だかわかる。今朝、10時に携帯電

→もっと見る

  • 2019年6月
    « 5月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30