*

一家に一本、骨付きサーロイン(笑)

公開日: : 2019/01/07 牛肉の部位

肉好きのみなさんは急に肉が食べたくなるときってありますよね。そんなときに限って家に肉がない。近くに気のきいた店もない。

僕が手当てした肉(ただし骨付き)なら冷蔵庫の環境にもよるけど家庭の冷蔵庫でも30日程度なら楽勝に日持ちする。肉好きのみなさんならそのうち肉を育てたくなってくる。そして肉専用の冷蔵庫を買ってしまったりする。ここまでくるとうちで研修を受ける資格あり(笑)

写真は経産牛のサーロインだが赤身が詰まっている。真っ赤じゃなく脂も少し入っているので30日も育ててくれればかなりおいしくなってくれるだろう。いまは水分たっぷりだが次第に枯れていく。この変化がおもしろい。サーロイン1本でいくつもの味わいを楽しめる。

骨を抜く?外す?脱骨?… そう言ってる人が多いがだれが言い始めたのか?僕を含め枝肉扱っている問屋や肉屋はサバキと言ってると思うのだけど。だから包丁もサバキ包丁と呼びます。正確には骨透(サバキ・解体包丁)かな。

てことで、一家に一本骨付きサーロイン(笑)

記事が気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

目利きとは、肉屋の仕事とは。

ライターさんにこんなことを質問されました。「新保さんは、生産者を限定してお肉を選んで

記事を読む

仕上げ方のことなる赤身肉3種

牛肉の仕入れで一番大事なのはなんだと思いますか? 僕は仕入れたあとの「管理・保存」だと思っ

記事を読む

部位ごとに骨を付ける捌き方

ホームページからフォームを使ってのお問い合わせをいただくのですが、ここ最近メールアドレスをお間違

記事を読む

ミンチは端材を利用するのではなく、骨から切り出したチマキ(スネ)を使っています

スネはミンチ材として骨付きで吊るして軽く水分を抜いています。水分が多いと変色が早く、特に冷蔵

記事を読む

一頭からわずかしかとれない希少な部位

私たちの仕事は肉を捌くところからはじまります。ここでいう「捌く」とは枝肉から骨を抜く(外す)

記事を読む

和牛・牛肉通販 近江牛.com

http://www.omi-gyu.com
今年最初の有機JAS認定牛 ジビーフ「あつし」入荷

先日食事に伺った某店の大将、御年72歳。たった一人で仕入れから

Bistrot Or en Boucheでナチュールな肉会

昨年末にオープンしたばかりの東京池尻にあるOr en Bouche(ア

スライス肉こそじつは難しく経験だけではどうにもならないこともある

すき焼きやしゃぶしゃぶ用の肉はスライサーで切るんですが、機械が

→もっと見る

  • 2019年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031